2018. 06. 22  
数の少ないミズキに比べて普通に見られるクマノミズキ、高木になりますが下の方まで枝を広げるので花を撮るのも難しくない。
クマノミズキ

葉より高く散房花序を広げる。
クマノミズキ

雰囲気はガマズミに似ていますがこちらの方が花弁がほっそりで好み。
クマノミズキ

4枚の花弁は十字型、4本の雄しべは花弁の間に伸びる、乳白色の花盤から蜜が出ている。
クマノミズキ

雄しべと雌しべはほぼ同長、柱頭はやや膨らみ緑色、凸凹しているが花粉が付いたのかな、葯は外側に開いている。
クマノミズキ

葉は対生で卵状長楕円形、先端は鋭く尖り全縁だそうです、でも細かな波状に凸凹している。
クマノミズキ

ミズキ科ミズキ属

(6月15日撮影)
2018. 06. 22  
初めてのキササゲ、でも去年果実を見つけていたので織り込み済み、なのですが
キササゲ

今年は花が上の方ばかりに咲いていて全く手が届かずガッカリ、去年の果実は手が届く範囲に生っていたのにな。
キササゲ

望遠で撮影、何とか花の特徴は分かりますがマクロで撮りたかった。黄白色かな、よく似たアメリカキササゲは白色だそうです。
キササゲ

葉は対生または3輪生で広卵形、浅く3-5裂、基部はハート形。
キササゲ

葉身基部に蜜腺がある、これは知らなかったので偶々写っていたのをトリミング拡大。
キササゲ

近くにもう1本ありました、これは更に高く花には全く手が届かない。
キササゲ

樹木系の花は苦手で普通なら名前を調べるのに苦労しますがこれは去年の果実がまだぶら下がっているのですぐ分かりました。
キササゲ

ノウゼンカズラ科キササゲ属

(6月15日撮影)
2018. 06. 22  
純粋に野生なのか栽培種の逸出なのか分かりませんがクリはよく見かけます。
クリ

雌雄異花ですが見えているのは雄花、雌花は近寄らないと分かりません。
クリ

長い花糸と小さな葯の雄しべ、雄花は7個ほど集まり雄しべは10本だそうです、とても数えられない。
クリ

ふさふさした雄花序の中に貧弱な雄花序があります。
クリ

その基部に雌花があります、花序あたり1つ2つ程度です。
クリ

雌花は3つあるそうで栗の実の中が3粒なのもそのせいでしょうか。白く突き出ているのは花柱、一つの花に9-10個あるそうです。
クリ

基部の緑色のが総苞で将来のイガイガになります、微毛が生えているようだ。
クリ

ふさふさした雄花だけの花序と、雌花を付けた花序、違いがハッキリ。
クリ

葉は互生で長楕円形、針状の鋸歯がある。
クリ

ブナ科クリ属

(6月15日撮影)
2018. 06. 22  
昨年ここで見つけたイヌウメモドキ、割と来やすい撮りやすいというのが嬉しい。
イヌウメモドキ

葉腋に集散花序を付ける、雌雄異株でこれは雌株。記録を見ると最初見つけているのは雄株、場所をすっかり忘れているけど脳を絞って絞って、ひょっとしたらこの近くだったかも、だとしたらその木はもう切られている、他のを見つけなくては。
イヌウメモドキ

雌花ですが雄しべの痕跡が残っている。
イヌウメモドキ

5弁花もありました、ここは花序の他の花は4枚、それが基本のようです。
イヌウメモドキ

重ね餅のような子房と柱頭、これもモチノキ属らしい。
イヌウメモドキ

ここは葉が風に揺れて日が当たったり影になったりと撮りにくい。やはり日が当たった状態で撮るとますます可愛い。
イヌウメモドキ

枝葉に毛がないことがウメモドキとの違い、西日本にはこちらの方が多いそうです。
イヌウメモドキ

モチノキ科モチノキ属

(6月15日撮影)
2018. 06. 21  
初めてのシャクジョウソウ、まさかこんなのが見られるとは思ってもなかった。秋吉台では咲いていた記録はないそうでどうして今頃見つかったのか、今年突然出てきたとも思えず人知れず咲いていたんでしょうか。4株ありますが1株倒れている。
シャクジョウソウ

茎の先端に下向きに総状花序を付ける、これが山伏の錫杖ににているとこから錫杖草、果実期になると上向きになります。
シャクジョウソウ

ギンリョウソウと同属ですが色は薄黄色、鱗片の数も少なそう、花の大きさはほぼ同じ。
シャクジョウソウ

下から見ると大きな花柱が見えている、雄しべは見えてない。
シャクジョウソウ

茎に毛が密生している、腺毛ではなさそう、鱗片や花被片にも多少毛が生えている。初めての花だけど背景が写っているのは没、なので枚数が少ない、背景が写っていてもまず場所は特定されないだろうけどね。
シャクジョウソウ
(6月15日撮影)

6日後もう一度行ってみました。まだきれいに咲いていますが
シャクジョウソウ

真下を向いていた花が横向きになっていました、果実になると真上を向くはずです。
シャクジョウソウ
(6月21日撮影)

ツツジ科シャクジョウソウ属
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プルダウンリスト
QRコード
QR