2018. 06. 19  
咲き始めたカキラン、まだ開花したばかりで3つくらいしか咲いていない。
カキラン

花の色が柿色なので柿蘭、全国的には少ないようで各地で絶滅危惧種に指定されていますが秋吉台では普通に見られます、普通に見られるので撮るのもサラッと一通り程度。これも咲き始めなのでもっと咲いているのをアップと思ったのですが
カキラン

唇弁の模様が派手、歌舞伎の隈取を思わせいかにもラン科、左右のが側萼片、上部の長三角形が背萼片、その左右のが側花弁。
カキラン

長い花柄、ラン科は花柄と子房の区別がはっきりせず花柄子房と言うそうです、捻れているのも特徴。
カキラン

唇弁の上にカラスミのような物がありました、首を捻ったけどどうやら花粉塊のようです。検索するとヒラタアブの背中にくっついているのが見つかりましたが花の大きさと比べるとこれはかなり大きい、ヒラタアブよりもっと大きな蜂のような昆虫でないと無理かな。何故ここに落ちているかも問題、背中が重たいのに気がついて無理矢理落としたんでしょうか。これがあったからアップする気になりました。
カキラン

ラン科カキラン属

(6月9日撮影)
2018. 06. 19  
ホソバウンランの更に赤い花が見えていました。
スイセンノウ

序でなので接近、これは庭に植えられているのをよく見かけます。帰ってから調べてみるとスイセンノウでした。こんな場所に植えられるわけもなく鳥が種を運んだのでしょうね、と言うことは鳥が食べるような果実が出来るということだ。それにしても急斜面足元が滑る滑る(^^;)
スイセンノウ

真っ赤な花、中央部がやや白く紫外線を感じる昆虫の目ではまた違う模様に見えるんでしょうか。
スイセンノウ

中央部に突き出ているのは雄しべのようです。
スイセンノウ

開いたのもありました、10本あります、多分雄しべの葯
スイセンノウ

中央白っぽく見えているのが柱頭のようです、5裂しているかな。このような植栽物は検索しても細部の様子があまり出てこない(^^;)、なので多少推測で書いてます。
スイセンノウ

花柄が太い。
スイセンノウ

子房が大きく長毛に包まれている。これは大きな果実が出来そうだ。
スイセンノウ

茎葉は対生で無柄、全体に白い綿毛に覆われている。
スイセンノウ

ナデシコ科マンテマ属

(6月9日撮影)
2018. 06. 19  
斜面に群生しているホソバウンラン、去年までは斜面上部だけでしたが今年は大分下の方まで広がっていました。とは言え一番下でも直接行くのは無理です。
ホソバウンラン

苦労して上に登ってきました、こんなとこでも誰かが来るのか踏み荒らされています。
ホソバウンラン

茎頂部に唇形の総状花序を付ける、苦労して来たものだもの当然青空バック(笑)
ホソバウンラン

まるでお化け、足がないから幽霊か。下唇中央が膨らんでオレンジ色になっています、これも蜜標なんでしょうね。
ホソバウンラン

下から見ると膨らんでいる部分が窪んでいるのが分かります。下唇先端は3裂、上唇は2裂
ホソバウンラン

距の先端に蜜が溜まっているのが見えます。
ホソバウンラン

下唇と上唇は合着しているわけではないので簡単に空きます、とは言えそれは人間の話、非力な昆虫だと入るのは難しく力の強いハナバチの仲間などでしょうか、これも選別機能なんでしょうね。下唇に毛が生えているのも昆虫の足がかりになりそう。
ホソバウンラン

上唇に沿って長短2組の雄しべがあってシソ科に似ていますがこれはオオバコ科(これもAPG分類の分かりづらいとこだ)
ホソバウンラン

シソ科と決定的に違うのは雌しべ、シソ科は柱頭が2裂し雄しべより同長か長いですがこちらは中間で柱頭は丸い。
ホソバウンラン

名前の通り細い葉です。繁殖力が強く各地で野生化しています。
ホソバウンラン

オオバコ科ウンラン属

(6月9日撮影)
2018. 06. 19  
道路脇に咲いているセイヨウノコギリソウ、各地で野生化しているようでもう一ヶ所で見かけていますがそこも道路脇、車が種を運んでいるんでしょうか。
セイヨウノコギリソウ

白色で地味な花、舌状花は白ですが筒状花が乳白色で全体で濁ったような白色でますます地味です。
セイヨウノコギリソウ

茎頂部に散房花序をつける。
セイヨウノコギリソウ

葯筒のオレンジ色が多少目立ちます。
セイヨウノコギリソウ

柱頭が出ているのがないかなと思いましたが見当たらなかった。
セイヨウノコギリソウ

鋸と言うよりヤスリのような葉、2-3回羽状深裂、ノコギリソウは羽状深裂、2-3回にはならないそうです。
セイヨウノコギリソウ

キク科ノコギリソウ属

(6月9日撮影)
2018. 06. 18  
頭上遥かな場所に花を咲かせていたシマサルナシ、ここは初めての場所。
シマサルナシ

望遠で撮っても4倍程度では花が咲いているくらいしか分からない。
シマサルナシ

一番下に咲いているのを撮ってもこの程度、ノイズのりまくり。
シマサルナシ

ツル性で相手を失ったツルがぶら下がっていて
シマサルナシ

1本だけ葉をつけ
シマサルナシ

花を咲かせていた、ラッキー。
シマサルナシ

両性花と雄花がありこれは雄花のようです、上に咲いているのを見ても雄花ばかりのようだった。萼片や花柄に淡褐色の綿毛が密生している。
シマサルナシ

花弁基部が淡紅色を帯びる、よく似たサルナシは白一色だそうです。シマサルナシは暖地生で主に西日本に分布だがサルナシは全国分布、雄しべの葯も黒い。
シマサルナシ

葉は互生で楕円形~卵形、小さな棘状の鋸歯がある。
シマサルナシ

マタタビ科マタタビ属

(6月9日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記へようこそ!!
    花盗人の庭にも多数の画像が
    用意されています。
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2018年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プルダウンリスト
QRコード
QR