2021. 10. 05  
イヌコウジュよりは少ないかなと思いますがこの辺りに群生していたヒメジソ
ヒメジソ

イヌコウジュは花序軸は有毛ですがこちらは無毛、これが一番区別しやすいか。萼筒には毛が生えている、葉柄基部に苞がある。
ヒメジソ

鋸歯は6以下、これは6対あります、イヌコウジュは6以上で6前後が重なるからこの辺りは要注意。
ヒメジソ

萼筒上側は3裂で中央裂片は短く先端が丸みを帯びる、イヌコウジュは尖りほぼ同長、これも識別点だが肉眼では識別しづらい。
ヒメジソ

透明感のある花、下唇に点状の斑紋がある、奥に長毛が生えている。
ヒメジソ

上唇に沿って一対の雄しべ、その間に2裂した柱頭が見えているが分かりにくい、下唇両側に退化した雄しべが見えている。
ヒメジソ

横から見ても柱頭は突き出ていない、葯が4つ見えていますが一つの雄しべの2室になった葯のようです、花筒外側に微毛が生えている。
ヒメジソ

葉の裏に明瞭な腺点がある、表側にはないそうです。
ヒメジソ

シソ科イヌコウジュ属

(9月26日撮影)
NEXT Entry
アメリカセンダングサ
NEW Topics
お知らせ
ゴマギ
マユミ
フユザンショウ
キエビネ
ツレサギソウ
キショウブ
フナバラソウ
ジャケツイバラ
コウゾリナ(ハチ&棘)
ハシナガヤマサギソウ
シラン
タカサゴソウ(その2)
コウゾ
ツルウメモドキ(雌株)
イワガラミ
ミズタビラコ
アリアケスミレ
ヤマハタザオ
サイハイラン
Entry TAG
秋吉台  
Comment
こんにちは
ヒメジソとイヌコウジュを見つけるとつい区別してみたくなりますね。
多摩NTの住人さんへ
やはりこれは両者を比較して見てみたいですね。
イヌコウジュの方はだいぶ前に撮っていたのですがヒメジソを撮るまで待っていました。
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2024年05月 | 06月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR