2023. 09. 21  
一昨年ここで見つけたオギノツメ、今年はちょっと少なかった。
オギノツメ

もうキツネノマゴ科と分かっていても花序や茎が四角いなどシソ科としか見えない。
オギノツメ

雄しべも4本で長短2組あるし
オギノツメ

雌しべは花冠から出てこない。
オギノツメ

下唇下側に青い筋模様がある。
オギノツメ

花冠は丸ごと落ちて茶色い雌しべが残る、さすがに柱頭はシソ科のような2裂してないか。
オギノツメ

暑いせいか葉がしなだれています。
オギノツメ

こちらは陰に生えているせいか葉がまっすぐ水平に伸びています。
オギノツメ

日陰で撮ると色の具合がよくわかります、下唇に2条の隆起がある。
オギノツメ

キツネノマゴ科オギノツメ属

(9月7日撮影)
2023. 09. 21  
池に咲いていたコウホネ、これも細かな種類が幾つもあるようですが区別は相当難しそうで幸か不幸か本家コウホネしか見たことがない。
コウホネ

周りのは花弁ではなく萼片。
コウホネ

約と萼片の間に見えている爪のようなのが花弁。
コウホネ

大きな柱頭を多数の雌しべが取り囲む、まるで花の中に花が咲いているよう。
コウホネ

雄しべは熟すると1本づつ離れていくようです。
コウホネ

外側から見ると萼片が少し緑色、これも萼片故か、花柄が結構太い、果実も大きそう。
コウホネ

これは別の花、雄しべがだいぶ離れてきています、全部離れると子房が見えてくる。
コウホネ

スイレン科コウホネ属

(9月7日撮影)
2023. 09. 20  
ここで一番多かったヘラオモダカ、でも花が小さいので目立ちませんが。
ヘラオモダカ

大きさが6,7mmと小さいし薄紫色の花弁がお気に入り。
ヘラオモダカ

光を横から当てて凹凸を強調
ヘラオモダカ

葯は本来黄色だそうですがここのは茶褐色、ホソバヘラオモダカが紫褐色だそうだが本種にもそのようなタイプのがあるそうです。
ヘラオモダカ

もう花に集中して他の部分を全く撮ってなかった。
ヘラオモダカ

オモダカ科サジオモダカ属

(9月7日撮影)
2023. 09. 20  
オモダカが咲いていた、と思ったけどここのはアギナシだった、どちらも花期は7-10月、咲いていてもおかしくないけど咲いていたのはこれ一つだった。
アギナシ

花被片が内側に曲がっています、1日花で午後の撮影なのでそろそろ店じまいでしょうか。
アギナシ

雌雄異花でこれは雄花、雌花は蕊が緑色なので違いは一目瞭然。
アギナシ

花粉のビーズのようなのが見えています、マツヨイグサのように花粉をまとめて付着させるんでしょうか。
アギナシ

ここのはどれも葉が随分細長い、側裂片の方が頂裂片より長いそうだがこれはほぼ同長に見える、オモダカは側裂片の方が短い。
アギナシ

葉の縁が内側に曲がり先端で合着しているので丸くなる、オモダカは尖るそうです、比較してみたいけどここはオモダカはなかったかな。
アギナシ

オモダカ科オモダカ属

(9月7日撮影)
2023. 09. 19  
トチカガミの側で咲いていた、当然同じ花だと思っていたらミズオオバコでした、ここにあるのは聞いていたがすっかり忘れていた(^^;)、初めての花となりました。
ミズオオバコ

水中の葉を拡大、これがオオバコの葉に似ていることからの命名。
ミズオオバコ

花はソックリです、トチカガミを撮った後だからあまり撮らなかった、そんなに咲いてもなかったけど。
ミズオオバコ

こちらは両性花、黄色く太いのが雌しべで細いのが雄しべでしょうか。
ミズオオバコ

花の裏側が水面に写っています、写真的にはこれが一番気に入った。
ミズオオバコ

トチカガミ科ミズオオバコ属

(9月7日撮影)
2023. 09. 19  
池に咲いていたトチカガミ、花期は3-10月、ほぼ冬以外咲いているのか、この池は初めてきた頃はまだ綺麗で移植ですがサギソウも見られたんですが今はすっかり藪化しています。
トチカガミ

右側が葉で下側の葉はデンジソウ、水を見ても藻もが生えて緑色、気泡も生じているようであまりきれいでない。
トチカガミ

雌雄異花でこれは雄花、花茎が細く雌花は太い。雌花は見当たらなかった。
トチカガミ

3枚の花弁はヨレヨレというかシワシワ。
トチカガミ

雄しべは12本、長短あるのかな。
トチカガミ

花の終わりの頃、花弁はより開いてきています、背後には花弁が散り萼片だけ残っている。
トチカガミ

葉は円形で基部が深く切れ込む、撮影時気がつかなかったが周りの薄い大きな葉はミズオオバコのようです。
トチカガミ

トチカガミ科トチカガミ属

(9月7日撮影)
2023. 09. 19  
湿地の帰りに別の人工湿地に寄ってみました、湿地と言うよりほぼ池ですが。
まだ咲いていたミズキンバイ、花期は結構長く6-9月、さすがにこれ以外もう一つ咲いていただけ、丸い葉は多分ヒツジグサ。
ミズキンバイ

腕を伸ばして撮影、ちょっと露出オーバー、小さな昆虫が来ています。
ミズキンバイ

長い花柄を持つ。
ミズキンバイ

花弁が落ちた花、長い萼の中心に残っているのは花盤でしょうか、その下の膨らんだ部分が子房のようです。
ミズキンバイ

艶のある葉、今は外来種のオオバナミズキンバイが増えているようです。
ミズキンバイ

アカバナ科チョウジタデ属

(9月7日撮影)
2023. 02. 15  
ネタが少なくなってきたので1年前ですがこんなものでも。
初めは大きな猫かと思いましたがよく見ると猿でした。
日本猿

近寄ってもこちらを気にすることもなく、と言うか無視
日本猿

子猿じゃないけど親猿とも思えず少年くらいか、まだ経験が浅く人間を恐れないのかな。
日本猿

ここまで接近してももう完全無視(^^;)、でも去年7月山口市で猿に噛みつかれた被害が続出したことを考えると危険な接近だったかも。
日本猿

動物を撮ったのは多分初めて、なので入れるジャンルがなく(^^;)、新しく作るのもなんなので風景他に入れておこ

(3月23日撮影)
2022. 12. 12  
すっかり果実になっていたヘラオモダカ
ヘラオモダカ(果実)

これは種子ではなく果実、整然とリング状に並んでいます。
ヘラオモダカ(果実)

固着しているわけではないので触ると簡単にバラバラになります、左上塊になっている部分は3個の果実、背面部分に溝があるので6個あるように見えます。
ヘラオモダカ(果実)

大きさ2mm程の半円状、中央部が窪み更に中心部は盛り上がっています、科は違ってもこのタイプの果実はどれも同じような構造をしています。
ヘラオモダカ(果実)

周りの翼は飛びやすいというよりはやはり浮きでしょうか、内部に変わった形の種子があるようで今度見て見なくては。
ヘラオモダカ(果実)

オモダカ科サジオモダカ属

(10月30日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2024年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR