2022. 03. 08  
冬場になると目立つヤドリギ、半寄生植物です、ここは殆ど来たことがない場所なので気が付きませんでした。
ヤドリギ

もう高い場所に生えているのでマクロで撮ることは出来ず。
ヤドリギ

この辺りの何本かの木で見られました、どれも高い場所、やはり種子を運ぶ鳥が高い場所に止まるので生えるのも高い場所なんでしょうか。
ヤドリギ

これはまだ小さな株、何株かあるようですが全部育つんでしょうか。落葉広葉樹に寄生するそうでそれも目立つためでしょうね。
ヤドリギ

これが一番接近できました、水平距離で2m程、でも下に段差があるので近寄れません、もう花が咲いてもいい季節だけど拡大してもまだ蕾でした。
ヤドリギ

こちらは今まで見ていた場所
ヤドリギ

その隣の木、どちらも以前のと比べて増えているし株も大きくなっているようです。
ヤドリギ

これが一番近寄れる株、ススキが写っているので高さがある程度想像できると思いますがそれでも手が届きません。
ヤドリギ

腕を伸ばしてマクロで撮影、まるでプロペラのような葉、間に蕾が見えています、ここも花はまだだった。
ヤドリギ

沢山の果実がなっていました、これは昨年の花の果実です。
ヤドリギ(果実)

大きさ7,8mm、真ん丸な薄黄色の果実、まるでガラス玉の様、先端に花の跡が残っています、種子を見てみたいけど果肉はベタベタのようで手が届かなくて幸いかも、手が届けば絶対触っている(笑)
ヤドリギ(果実)

前の場所で赤い実のがありました、アカミノヤドリギと言うそうです。
ヤドリギ(果実)

ビャクダン科ヤドリギ属

おまけ、右が御鉢山で左が秋吉台の最高峰龍護峰で標高425.5mです。でも御鉢山の背後にあるので秋吉台の殆どの場所で目立ちません。
秋吉台

(2月25日撮影)
2022. 03. 07  
同じ日秋吉台のセリバオウレンも見てきました。
セリバオウレン

こちらも前の場所と同じような状態、以前と比べて少ないような気がしました。
セリバオウレン

ここも木漏れ日が当たっているのを撮影、茎先端に3つ花をつける。
セリバオウレン

これは雄花
セリバオウレン

中央に赤くなっているのがありました、雌しべの痕跡でしょうか、葯から花粉が出ているのが分かります。
セリバオウレン

こちらもお蕊がピンク色のがありました、ちょうどよい光の当たり具合。
セリバオウレン

ここは雄花が多く両性花を見つけたのはこれだけでした。
セリバオウレン

雌しべの数は少ない。
セリバオウレン

2回3出複葉、コセリバオウレンは3回3出。
セリバオウレン

キンポウゲ科オウレン属

(2月25日撮影)
2022. 03. 03  
これも赤い果実をつけていたビロードイチゴ、クマイチゴ程花柱の跡が目立ちません。
ビロードイチゴ(果実)

やや黄色味があるのでクマイチゴ程真っ赤にはなりません。
ビロードイチゴ(果実)

植物全体に毛が多いですが果実表面にも短毛が生えていて粉を吹いているように見えます。
ビロードイチゴ(果実)

カットしてみました、中央の白い部分が花床、周りのが液果、中に核果が見ええいます。
ビロードイチゴ(果実)

核果はより粘っこい果肉に包まれています。
ビロードイチゴ(果実)

長三角形の核果、凹凸があるのがなんとか分かります。
ビロードイチゴ(果実)

バラ科キイチゴ属

(5月30日撮影)
2022. 03. 02  
赤い実をたくさんつけていたクマイチゴ、果実&種子は冬ネタにするとはいえこんな真っ赤な果実を冬にアップするのはやはり違和感を感じさせるな(^^;)
クマイチゴ(果実)

赤く熟した果実と未熟な果実、随分変身するものです。
クマイチゴ(果実)

小さな果実が集まった集合果、毛のように見えているのは花柱の跡、基部には雄しべの痕跡も残っています。
クマイチゴ(果実)

毛を拡大してみると先端が膨らんでいて柱頭なのが分かります。
クマイチゴ(果実)

1個を潰して種子を見てみました、あまり気持ちのいいものでもない。
クマイチゴ(果実)

種子ではなく核果、僅かに凹凸がある、ゼリー状の濃い果肉に包まれていますが完全に取らないと駄目ですね。
クマイチゴ(果実)

バラ科キイチゴ属

(5月30日撮影)
2022. 03. 01  
果実になっていたギンリョウソウ、花被片が取れた子房にしか見えませんが。
ギンリョウソウ(果実)

ギンリョウソウモドキの果実は上向きになりますがこちらは精々横向き、更にこれは液果ですがモドキの方は朔果。
ギンリョウソウ(果実)

徳利のような形、これから太くなってくるんでしょうか。
ギンリョウソウ(果実)

太ったのもありました、やはり横向き、周りの棘のようなのは雄しべのようです。
ギンリョウソウ(果実)

ここまでのは何度か見たことがありますが一週間後もう一度来てみたらすっかり見られなくなっていました、種子を見てみたい。
ギンリョウソウ(果実)

柱頭ドアップ、薄暗い場所だからぶれていますがここの暗さならこれでもマシな方。
ギンリョウソウ(果実)
ツツジ科ギンリョウソウ属

おまけ、同じ場所にあったウスギムヨウランの果実、これは1年前の果実なので空っぽ、しかし1年も残っているんだ。
ウスギムヨウラン(果実)

(5月23日撮影)
2022. 02. 28  
林の中で木漏れ日にあたっていたギンリョウソウモドキ、花の頃からもう半年以上経っています。
ギンリョウソウモドキ(果実・種子)

ギンリョウソウもそうですがこちらも受粉に成功して果実にならないと倒れて見られなくなります。この辺りでもっと咲いていたけど見かけたのはこれだけでした、探したわけではないですが。
ギンリョウソウモドキ(果実・種子)

周りのは果皮でしょうか、中央に大きな柱頭が見えています。
ギンリョウソウモドキ(果実・種子)

裂けているのが果皮だとすると周りに黒っぽく薄く見えているのは花被片でしょうか。
ギンリョウソウモドキ(果実・種子)

カットしてみました、柱頭の下に子房がありその下に種子がこぼれています、だとすると周りのは外果皮で中のが内果皮でしょうか。
ギンリョウソウモドキ(果実・種子)

欲のある種子、翼を含めても1mm程度、毎度のことながらマクロだと焦点があっている範囲が極端に狭い。
ギンリョウソウモドキ(果実・種子)

ツツジ科ギンリョウソウモドキ属

(5月30日撮影)
2022. 02. 27  
赤い果実をつけていたコショウノキ、もう緑の葉っぱばかりの中で赤い色が目立ちました。
コショウノキ(果実)

長さ1cm程、やや細長い形、真っ赤じゃなくオレンジがかっています。
コショウノキ(果実)

カットしてみました、ジュウシーで果肉も赤く美味しそう、試食してなかったから今度してみなくては。
コショウノキ(果実)

これは種子ではなく核果、長さ5,6mm、模様も凸凹もなくあまり面白みがない。
コショウノキ(果実)
ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属

おまけ、不思議な輪っかを描いていたウラジロ
ウラジロ

先端が指切りしています、元の方は随分離れているのになんで先端が曲がってきたのか。
ウラジロ

(6月2日撮影)
2022. 02. 26  
綿毛をつけ始めていたサワギク、花序中央の花が真っ先に咲くので綿毛になっていますが周辺部は遅れて咲くのでまだ舌状花が残っています。
サワギク(果実)

こちらは周辺のも綿毛になりはじめています、別名ボロギクはこのような状態のを言うんでしょうか、綿毛は白くてきれいなんですけどね。
サワギク(果実)

タンポポのようなきれいな球状にはならないようです。
サワギク(果実)

こちらは花柱がまだ残っています。
サワギク(果実)

これは真っ先に咲いた中央の花、果実は飛んでいき花床だけが残っています。
サワギク(果実)

これは舌状花や筒状花がまだ残っていますが冠毛が伸び始めています。
サワギク(果実)

蜘蛛の巣に引っかかった冠毛
サワギク(果実)

痩果の長さは2mm弱、縦溝が走っています、痩果に比べて冠毛が随分長い。
サワギク(果実)

もう花は終わっているだろうにアリが来ていました、まだ蜜が残っていたんでしょうか。
サワギク(果実)
キク科サワギク属

おまけ、同じ場所に生えていたクモキリソウ、こちらも未熟な果実になっています。後日来てみたら見られなくなっていた、熟したのを見たかった。
クモキリソウ(果実)
ラン科クモキリソウ属

(6月26日撮影)
2022. 02. 25  
冬枯れの今日の秋吉台、明日は山焼き、これがすっかり黒くなります、山焼きがすむと秋吉台の春の始まり。
秋吉台
秋吉台

(2月25日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2022年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR