2019. 12. 03  
冬に咲くヤブツバキ、ヤブと名がついていますが日当たりの良い場所に生えます。野草シーズンが終わった頃咲くので今まで詳しく撮ったことがなかったので撮ってみました。
ヤブツバキ

昆虫が少ない冬に咲くので鳥を相手に特化した花、赤い色も鳥に認識しやすくする為。
ヤブツバキ

筒型の雄しべ、花糸は下部で合着しています。
ヤブツバキ

中央部が開いていてここから嘴を突っ込んで中の蜜を舐めます、その時嘴に花粉が付着する、この形も鳥に特化した形状。
ヤブツバキ

よく見ると雄しべの中に雌しべが見えています。
ヤブツバキ

花の終わりには花弁と雄しべがそっくり落ちて長い花柱だけが残ります、先にこれを見たから前の写真で雌しべが分かったんですけどね。
ヤブツバキ

花柱の途中で色が変わり少し折れ曲がっています。
ヤブツバキ

柱頭は3裂、更にそれぞれが僅かに2裂しているように見えます。
ヤブツバキ

葉は互生で長楕円形〜卵状楕円形、細かな鋸歯がある、艶があり照葉樹林の代表的樹種の一つ。
ヤブツバキ

最後は青空バック、風は冷たく気持ちのいい秋晴れの1日でした。
ヤブツバキ

昨年の果実がまだ残っていました。
ヤブツバキ(果実)

肥厚肥大した外花被、種子が一つ残っていまし、種子は中果皮に包まれているそうで正確には果実何でしょうがもう種子でいいですね。それにしても種子も鳥が食べるんでしょうか、このまま地面に落ちて芽生えたら親のライバルにしかならない。
ヤブツバキ(果実)

残った種子は虫に食われていました、地面に落ちても殆ど虫に食われるでしょうね。
ヤブツバキ(果実)

ツバキ科ツバキ属

(11月30日撮影)
2019. 12. 03  
登山道のまさしく入口に咲いていたジシバリ、花の少ない時期だしこの花としてはかなり早いしこの日の一番花だったので撮影、結局この日撮ったのはこれも含めて2つだけ。
ジシバリ

オオジシバリに比べて頭花が一回り小さい。このコースでも生えているけどこの日は咲いてなかった。
ジシバリ

やはりまだ早すぎるのか柱頭がきれいにカールしてない、でも花粉は出ている、中央部に冠毛が見えています。
ジシバリ

丸っぽい葉、これが長い葉を持つオオジシバリとの一番の違い。
ジシバリ

キク科ニガナ属

(11月30日撮影)
2019. 11. 21  
この日の殆ど唯一の目的はナガボノワレモコウ、でも何時も休耕田や田圃脇に生えているのですが今年はきれいに草刈りされて全く見られず、駄目かなと思ったら草むらの中に多く生えていました。
ナガボノワレモコウ

ただ花としてはそろそろ終わりの頃、中央左の白っぽいのが花ですが他は果実期、でも右側のはまだ蕾です。
ナガボノワレモコウ

名前の通り長い穂状花序、雄しべが殆ど落ちていてこの花序も終わり気味です、この場所は淡紅色のもありますが今年は白だけでした。
ナガボノワレモコウ

花が密集して一輪だけ切り取りにくい。雄しべは4本、中央に小さく見えているのが柱頭、花弁はなく萼片が4枚。
ナガボノワレモコウ

横から見ると雄しべはマッチ棒のよう、雌しべは意外と花柱が長い、柱頭はピンク色、毛状突起があります。
ナガボノワレモコウ

蟻が頭を突っ込んで蜜を舐めています、ここにくるまでのエネルギーを考えると収支がとれるのかな。
ナガボノワレモコウ

これは短い花序ですが全開状態、ワレモコウと同じく上から咲いていくので先端辺りは雄しべが落ちています。
ナガボノワレモコウ

花序の下に何故か花がポツンと咲いていました、この方が花の特徴が撮りやすい、雌しべは雄しべの半分くらいの長さなのが分かります。
ナガボノワレモコウ

普通雌しべは1本ですがこれは2本あります、撮影中は柱頭が2裂しているのかと思った。
ナガボノワレモコウ

羽状複葉、小葉は楕円形でハッキリした鋸歯がある。
ナガボノワレモコウ

こちらは今まで生えているのを見たことがなかった場所に葉が生えていた、茎は伸ばしていませんが来年は咲いてくれるでしょうか。
ナガボノワレモコウ

バラ科ワレモコウ属

(11月15日撮影)
2019. 11. 20  
秋吉台の花ネタがなくなったので久しぶりに地元の自然公園に行ってみました。
草むらの中に咲いていたヤマラッキョウ、ここは公園内じゃないですけどね。
ヤマラッキョウ

球形花序、やはり周辺部から咲いてくるようで中央部はまだ蕾、花が開くと垂れてきます。
ヤマラッキョウ

細長いのもありましたが二つの花序が重なっています。
ヤマラッキョウ

ここは確かラッキョウではなくヤマラッキョウのはず、内部を見ると歯牙がありません、ラッキョウは歯牙がある。
ヤマラッキョウ

花被片をとってみました、やはり歯牙がない、あったとしても花被片と一緒に外れたかもしれないけど(^^;)。緑色の子房から長く伸びた花柱、先端に向かって少しずつ細くなる。
ヤマラッキョウ

先端が白っぽくなっているのが柱頭、ほんとに小さい。
ヤマラッキョウ

葯は一斉に開かないのでしょうか、未熟なのと既に花粉を出し終わったのがあります、右側のは今まさに開いて花粉を出し始めた状態。
ヤマラッキョウ

こちらは自然公園内の山の上、ここも僅かながら咲いています。初めて来た頃はまだ明るかったけど周辺の樹木が育ってきたせいか山道が狭くなり薄暗くなってきていた。そのせいかこの辺りに生えていたオケラを全く見かけなかった。
ヤマラッキョウ

内部を見るとやはり歯牙がありません。
ヤマラッキョウ

こちらは駐車場近くの道路沿い、この道路沿いで見たのは初めてかな。
ヤマラッキョウ
ヒガンバナ科ネギ属

おまけ、ニガナが咲いていた、10月が暖かかったせいでしょうか。わかりにくいですが蕾や花後もたくさんありました。
ニガナ

(11月15日撮影)
2019. 03. 18  
すっかり野生化していて人家近くで普通に見られるツルニチニチソウ、何度も撮っていると思ったが意外にも初めてだった。
ツルニチニチソウ

淡青紫色の花、花弁は対象形ではなく捻れたような形をしている。
ツルニチニチソウ

中央部が白っぽく昆虫が見るとまた違った模様に見えるんでしょうか。
ツルニチニチソウ

花弁基部が盛り上がっていて副花冠となっている。
ツルニチニチソウ

花冠下部は筒状になる、萼片は線形で毛が生えている。
ツルニチニチソウ

花筒を切り取ってみました、中間辺りに毛が生えている、蕊はすごく複雑な構造。
ツルニチニチソウ

これが雄しべ、毛が生えているのが葯でしょうか、基部の広がった部分が花糸になるんでしょうか。
ツルニチニチソウ

更に雄しべの一部もとってみました、更に複雑な構造、花柱が基部の方が細くなっている。
ツルニチニチソウ

柱頭は円盤状、色も2色になっていてまるでマカロン(笑)、その上の粒々は花粉なんでしょうか、雄しべの複雑な構造も何とか分かります。
ツルニチニチソウ

葉は対生で卵形全縁、光沢がある。
ツルニチニチソウ

キョウチクトウ科ツルニチニチソウ属

(3月2日撮影)
2019. 03. 17  
すっかり野生化しているハナニラ、あちこちで見られます。線形の葉が確かにニラに似ているが特にニラ臭は感じなかった。
ハナニラ

色は白から青色まで色々、この花弁の形状から以前はユリ科でしたがAPG分類ではヒガンバナ科になっています。
ハナニラ

細長い花筒、花被片の裏側は紫色の筋が目立ちます、花柄基部には膜状の苞が2枚ある。
ハナニラ

雄しべや雌しべは花筒から出てきません。
ハナニラ

花被片の1枚をとってみました、葯に花粉がタップリ、内部にも散らばっています、自家受粉することがあるんでしょうか。
ハナニラ

花柱の基部に緑色の子房、果実がなるのかな、見たことないな。
ハナニラ

ヒガンバナ科ハナニラ属

(3月2日撮影)
2019. 03. 16  
当然のごとく咲いているウマノアシガタ、この辺りに何株も咲いていました。
ウマノアシガタ

光沢のある花弁、日差しがなくてその様子はいまいちでした、パラバラ効果で訪問昆虫を温めるんでしょうか。まだ咲いたばかりなのか雄しべがまだ中央部に集まっている。
ウマノアシガタ

花弁下部が滲んだようになっているのが蜜腺、普通の蜜腺なら分かりますがこれを知ったのは随分後でした。
ウマノアシガタ

黄色い雄しべの中央に緑色の柱頭。
ウマノアシガタ

萼片が反らないのがキツネノボタンとの一番の違い。萼片に長毛、花柄に伏毛が生えている。
ウマノアシガタ

葉は3深裂し更に切れ込む、茎の上と下では随分違っている。
ウマノアシガタ

茎や葉に毛が多い。
ウマノアシガタ

キンポウゲ科キンポウゲ属

(3月2日撮影)
2019. 03. 15  
もうハキダメギクが咲いていた。
ハキダメギク

ここのはどれも舌状花がホッソリしていた、でもコゴメギクじゃなくハキダメギクだろうな。
ハキダメギク

筒状花から2裂した柱頭が出てきている。
ハキダメギク

横から見ると2裂した様子がハッキリ。
ハキダメギク

筒状花だけでなく舌状花の柱頭も見えています、当然雌性だろうな。コゴメギクは舌状花に冠毛が殆どないそうだが無いことを確認するのは難しい。冠毛の形も違うようで今年こそコゴメギクを見てみたいものだ。
ハキダメギク

これは花柄の腺毛がそれ程ハッキリしない、でも毛だけでは区別は難しそう。
ハキダメギク

キク科コゴメギク属

(3月2日撮影)
2019. 03. 14  
年中咲いているノボロギクですがやはり花が少ないこの時期が一番目立つように思います。
ノボロギク

筒状花だけの頭花なので地味、過去記事見てもあまり撮ってないな。
ノボロギク

右の花はまだ殆ど蕾ですが左の花は中央まで咲いている、周辺部から咲いていくようです。
ノボロギク

2裂した柱頭、中央部では葯筒から花粉が押し出されつつある。
ノボロギク

総苞は下部がやや膨らんだ円筒形、小苞片先端が黒くなる。頭花先端に白いのが見えていますが冠毛のようです。
ノボロギク

葉は互生し不規則に羽状に裂ける、やや艶がありくも毛が生えている。
ノボロギク

葉の基部は半ば茎を抱く、茎は紫褐色で縮れた長毛が生えている。
ノボロギク

キク科ノボロギク属

(3月2日撮影)
2019. 03. 13  
道端の空き地に生えていたヒメオドリコソウ、以前は家の近くでは殆ど見かけませんでしたが少しづつ増えているような気がします。
ヒメオドリコソウ

頂部の葉が赤紫色で分かりやすい、赤くならないのもあります。
ヒメオドリコソウ

花はオドリコソウよりはホトケノザに似ています、花筒がそれ程長くないので葉の中に埋もれるように咲いています。
ヒメオドリコソウ

花冠外側に毛が密生、下唇先端が突き出て昆虫の着陸場を提供、斑紋が目印となっている。
ヒメオドリコソウ

上唇に沿って左右に2本づつ長短2組の花糸が見えている、中央に花柱が見えているが柱頭はよく分からない。
ヒメオドリコソウ

横から見ても柱頭は突き出ていない、過去の写真を見ても2裂した様子が写っているのはないな。
ヒメオドリコソウ

花粉は黄色のことが多いですがこれは赤い花粉、粒々まで見えている。
ヒメオドリコソウ

卵円形の葉、網目状の脈が目立つ、表面に長毛が生えている。
ヒメオドリコソウ

シソ科オドリコソウ属

(3月2日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR