2019. 02. 16  
きれいなサークル状になったトゲミノキツネノボタンの根生葉
トゲミノキツネノボタン(ロゼット)

こちらは中央部にも葉が生えてきて円盤状、花が咲き始めています。
トゲミノキツネノボタン(ロゼット)

こちらはロゼットと言うよりは芽生えに近い、でも子葉はもう枯れているようだ。
トゲミノキツネノボタン(ロゼット)

キンポウゲ科キンポウゲ属

(4月6日撮影)
2019. 02. 14  
すっかり白くなったショウジョウバカマの根生葉、もう枯れてから随分経つだろうにまだ形を残している。
ショウジョウバカマ(芽生え)

中央から新しい葉が出てきています。
ショウジョウバカマ(芽生え)

緑色の薔薇、まさしくロゼットですね。
ショウジョウバカマ(芽生え)

まだ巻物のように巻き付いていますが伸びるに連れて解けてきて地面に広がり根生葉らしくなってきます。
ショウジョウバカマ(芽生え)

小さな芽生え、と言うより葉の数が少ないような。
ショウジョウバカマ(芽生え)

中央部に出始めたばかりの芽生え、撮影時には気がついてなかった。
ショウジョウバカマ(芽生え)

シュロソウ科ショウジョウバカマ属

(3月31日撮影)
2019. 02. 13  
今まで不明だった芽生え、やっと判明、これを見てハッと思い当たりました。
ウメバチソウ(根生葉)

茎を抱く1枚だけの茎葉、ウメバチソウだわ、懸案が一つ解決してホッ。
ウメバチソウ(根生葉)

となるとこれは根生葉ですね、花期には枯れて見かけなくなります。
ウメバチソウ(根生葉)

ニシキギ科ウメバチソウ属

(6月27日撮影)
2019. 02. 13  
イシモチソウの芽生え、と言ってもこれで1.5cmくらいあります、もう花を咲かせていた株もありましたが今から出てくるのも幾つもありました。
イシモチソウ(芽生え)

小さいけれど粘球を持った葉が展開、左のは枯れ葉がくっついている。
イシモチソウ(芽生え)

上の方の葉は展開前ですが一番したのは既に展開、出始めた頃から既に葉が展開しているようです、出始めたばかりのは見つからず。
イシモチソウ(芽生え)

モウセンゴケ科モウセンゴケ属

(5月5日撮影)
2019. 02. 13  
花が咲くのはまだまだ先のモウセンゴケ、5月下旬葉を広げ始めていた。
モウセンゴケ(芽生え)

言うなれば根生葉の状態、既に粘球を持った葉が広がっている、子葉だけのを探したが見つからず。
モウセンゴケ(芽生え)

かなり早い段階で粘球を持った葉が出てくるようです。
モウセンゴケ(芽生え)

茎も伸び始めています、これで1cmもなかったかな。
モウセンゴケ(芽生え)

モウセンゴケ科モウセンゴケ属

(5月28日撮影)
2019. 02. 07  
クルマバザクロソウの芽生えは撮っていないので代わりにザクロソウのをアップ、中央伸びているのがザクロソウでその足元に幾つか芽生えが見えています。
ザクロソウ(芽生え)

左上のは違うけど右の2つは間違いなくザクロソウの芽生え。
ザクロソウ(芽生え)

上下に見えているのが子葉、卵形~楕円形で先端がやや尖り多肉質、本葉は出始めたばかりです、茶色いのが種子だったらいいんだけど違うだろうな。
ザクロソウ(芽生え)

少し伸びてきた状態、これで高さ2cm程、足元にも小さな芽生えが見えています。
ザクロソウ(芽生え)

ザクロソウ科ザクロソウ属

(7月6日撮影)
2019. 02. 04  
4月後半、シロネが伸び始めていた、他の草もあまり生えていないので芽生えを探すチャンス
シロネ(芽生え)

これで高さ2cm程、既にシロネらしい葉と鋸歯があるので間違いないでしょう。
シロネ(芽生え)

下部に小さな葉がありますが子葉かどうかはわからない、右側のはまず別の野草の芽生えでしょうね。
シロネ(芽生え)

これで1.5cm程、下部に赤っぽい葉のようなのが見えています、さすがにこれ以上小さいとよく分からず。
シロネ(芽生え)

シソ科シロネ属

(4月29日撮影)
2019. 01. 08  
大きくなると2m程にもなるナガバモミジイチゴ、これは5cm程、でも芽生えと言うには大きすぎる。
ナガバモミジイチゴ(芽生え)

これは葉の長さが5mm程、葉の形からしてナガバモミジイチゴでよさそうです、ただ低木なので側にまっすぐ経っているのは親の木かもしれない、根から芽生えてきたかな。
ナガバモミジイチゴ(芽生え)

こちらは1cm弱、親の木は見えないからこれは実生からの芽生えかもしれない、子葉と本葉の違いはよくわからない、既に本葉だけかも。
ナガバモミジイチゴ(芽生え)

バラ科キイチゴ属

(12月19日撮影)
2019. 01. 08  
山道を作るために削られた岩場の崖面に生えているコバノタツナミ、何時もなら空になった果実が見られるのですが今年は全く見られず。
コバノタツナミ(芽生え)

芽生えを探します、これでいいかな、初めてかと思ったけど既に2度も撮っていた(^^;)
コバノタツナミ(芽生え)

左右のが子葉で中央の小さいのが本葉でしょうか、既に毛がたくさん生えている。
コバノタツナミ(芽生え)

シソ科タツナミソウ属

(12月19日撮影)
2018. 12. 28  
キッコウハグマの根生葉が多くあったので芽生えを探してみました。
キッコウハグマ(芽生え)

これなんか1対の子葉のように見えますが
キッコウハグマ(芽生え)

根本を見ると根が広がっています(因みにここは崖のような斜面)
キッコウハグマ(芽生え)

横から見ると根から伸びています、多年草なのでこれは根からの芽生え、それにしても根が随分頑丈そう。
キッコウハグマ(芽生え)

このように対に生っているのは多くありました、でも画面右上に小さな芽生え
キッコウハグマ(芽生え)

これは前年の根がなさそうで種子からの芽生えかな、以前撮った芽生えを見ても子葉の形が似ている気がする。
キッコウハグマ(芽生え)

それにしてもグーグルで”キッコウハグマ 芽生え”で検索したらマイブログの他の芽生えが上位に出てくる(^^;)、キッコウハグマの芽生えも確実にあるのに出てこないな。グーグルの検索に不信感を覚える今日この頃、少なくとも上位に出てくるのがこちらの望む内容ではないことも多いしね(自分の趣味限定だけど)

キク科モミジハグマ属

(12月19日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR