2022. 05. 31  
違和感を感じて撮ってみたヘビイチゴ
ヘビイチゴ

普通5弁の花が4弁です、花弁隙間から見えている萼片が四角く見える。
ヘビイチゴ

横から見ると4弁とは分からない。
ヘビイチゴ

もう一つありました。
ヘビイチゴ

後は通常と同じ撮り方
ヘビイチゴ

副萼片は萼片より小さい、萼片に毛が生えているが副萼片はあまり生えていない。
ヘビイチゴ

もう一つありました、完全に白飛び
ヘビイチゴ

正常のとのツーショット、ここのは全体に花が小さく7,8mmくらいしかありませんでした。
ヘビイチゴ

バラ科キジムシロ属

(5月18日撮影)
2022. 05. 16  
ちょっと変わった感じのヤマブキがあったので撮ってみました。
ヤマブキ(多弁)

花弁は本来5弁ですがこれは7弁あります、雄しべが花弁化したヤエヤマブキがありますがこれはそれ程でもなく。花弁の数が変化するのはよくありますがヤマブキではあまり見たことがありません。
ヤマブキ(多弁)

花糸が僅かに残っているが初めからこんなだったのか落ちたのか、緑色の子房が見えています。
ヤマブキ(多弁)

萼片も当然7枚。
ヤマブキ(多弁)

近くにも同様のがありました。
ヤマブキ(多弁)

これも花弁は7枚、雄しべは残っている。
ヤマブキ(多弁)

これも7枚、雌しべは見えているかな。
ヤマブキ(多弁)

開く途中の花、まるで薔薇、これも5枚じゃなく多そう。
ヤマブキ(多弁)

花弁が落ちて萼片と花糸が残っている、萼片は6枚だからこれも多弁だったようです。
ヤマブキ(多弁)

これが正常なヤマブキ
ヤマブキ

花弁は水平に開く。
ヤマブキ

バラ科ヤマブキ属

(4月25日撮影)
2021. 10. 10  
ちょっと変わった感じだったので撮ってみたススキ。
ススキ(異型)

花穂が随分クネクネしています。
ススキ(異型)

まるでパーマをかけたよう
ススキ(異型)

よく見ると蕊が全く見当たりません。
ススキ(異型)

黒っぽいのが隠れているように見えるがこれが雌しべなのかな。
ススキ(異型)

同じ株立のもう一つも同様でした。
ススキ(異型)

クネクネしすぎ、でも赤っぽい色が綺麗だった。
ススキ(異型)

花穂の基部に一つだけ小穂がポツンとあった、雌しべが隠れているかな。
ススキ(異<br />型)

同じ株立の中の他のはみな普通に蕊が出ていました、でもよく見ると蕊が出てなくて他より太いのが1本あるような。
ススキ

雄しべの葯がぶら下がっている。
ススキ

ブラシ状の雌しべ、普通は出てくるのですがこれはあまり出ていない。
ススキ

イネ科ススキ属

(9月26日撮影)
2021. 09. 20  
流石にこれは驚いたピンク色のツユクサ、前の淡青色のとは別の場所です。
ツユクサ(ピンク色)

花弁の形が少しおかしいですが紛れもなくピンク色、青系の花を咲かせるキランソウやムラサキサギゴケでもピンク色のモモイロキランソウモモイロサギゴケがあるので青系統の花だと起こりうるのでしょうか。
ツユクサ(ピンク色)

色以外は変わりなし、長い2本の雄しべ、3本の仮雄しべ、中間に中間タイプの雄しべ。
ツユクサ(ピンク色)

長い雄しべの間に雌しべも見えています。
ツユクサ(ピンク色)

もう一つ咲いています、右の花弁は正常だけど左のはちょっと変形。
ツユクサ(ピンク色)

1本の御しべが嫌にまっすぐ、さて来年も咲いてくれるでしょうか。
ツユクサ(ピンク色)

ツユクサ科ツユクサ属

(9月12日撮影)
2021. 09. 20  
普通のツユクサに混じって淡青色のツユクサが咲いていました、以前にもこの辺りで見たことがあります、この辺りは重金属に耐性のあるヘビノネゴザが多く生えているので土壌に重金属が含まれているせいなのでしょうか。
ツユクサ(淡青色)

淡青色の花弁、青い筋模様が綺麗です。
ツユクサ(淡青色)

色以外は変わりなし。
ツユクサ(淡青色)

今年はまだツユクサを撮ってなかったのでこれでドアップ、長い2本の雄しべ、短い3本の仮雄しべ、その間に中間タイプ、花粉を出している葯、装飾用の葯、花糸も中間と何から何まで中間、長い雌しべも見えています。
ツユクサ(淡青色)

一つの苞から2つの花、下のは普通に丸いかべんだが上のは四角い形。
ツユクサ(淡青色)

下の花は長い雌しべだが上のは短い雌しべが見えている、雌しべがないのもあり3タイプあるんでしょうか。
ツユクサ(淡青色)

普通のツユクサとのツーショット。
ツユクサ(淡青色)

もう1枚、どちらも淡青色の方が花弁が小さい。
ツユクサ(淡青色)

ツユクサ科ツユクサ属

(9月12日撮影)
2021. 06. 02  
センダンは5弁花ですが8弁のがありました。
センダン(多弁)

これは7弁
センダン(多弁)

これは9弁
センダン(多弁)

こちらも9弁
センダン(多弁)

筒状の花糸も太いように感じます。
センダン(多弁)

センダン科センダン属

(5月23日撮影)
2020. 11. 09  
2週間前殆ど咲いてなかったコースをもう一度歩いてみたら昨年並みにたくさん咲いていました、どこに隠れていたのやら。
そうなると探すのは多弁の花、まずは4弁(多弁じゃないけれど)、これはもう普通に見ることが出来ます。これは一株の中に少なくとも5つの4弁花が見られます。
センブリ

5弁に見慣れると4弁はちと寂しい。
センブリ

4弁程ではないですが6弁も割と見られます。
センブリ

6弁だと雄しべも6本、蜜線の数は12個でリング感がより強く出ます。
センブリ

6弁が対で咲いていた。
センブリ

こちらも対、今年は6弁まで、7弁以上は見つからず。
センブリ

6弁のセンブリと4弁のムラサキセンブリ、異型同士のツーショット。
センブリ
リンドウ科センブリ属

おまけ、タカサゴソウが咲いていた、さすがにこれはびっくり、春の花なんですけどね、秋に見たのは初めて。
タカサゴソウ
キク科ニガナ属

(11月1日撮影)
2020. 10. 28  
ちょっとと言うよりかなり変わった姿のキキョウがあったので撮ってみました。
キキョウ(二重)

本来5角形の姿をした外側も変な形になっているし内側にも無いはずの花弁があります。
キキョウ(二重)

雌しべはありますが雄しべが見当たりません、明らかに雄しべが花弁化しています。
キキョウ(二重)

外側の下2枚がくっついていておかしな形になっていました。
キキョウ(二重)

下側の2枚を放してみたら外側はなんとか普通の形、内側のも普通に花弁に見えます、これが雄しべから変化したとはとても思えません。
キキョウ(二重)

雌しべの柱頭は開いてないから本来は花柱に雄しべが寄り添っているはずですが全く見当たりません。
キキョウ(二重)

キキョウ科キキョウ属

(10月24日撮影)
2020. 05. 31  
やけに多くの花をつけたノゲシかなと思ったのですが何か変
コウゾリナ(帯化)

茎がなんだか平ぺったい。
コウゾリナ(帯化)

所謂帯化、成長点に異常が起こり花や茎などが垂直に伸長したり平坦になったりする現象、花では何度か見たことがありますが茎では初めてかな。
コウゾリナ(帯化)

ノゲシかと思ってましたが茎に赤い棘が生えています、コウゾリナでした。
コウゾリナ(帯化)

横から見ると薄っぺら、まさしく帯のようになっています。
コウゾリナ(帯化)

元々コウゾリナの茎は棘が多いですがこれはそのまま引き伸ばされて一層多くなっています。
コウゾリナ(帯化)

右側端の棘を見ると先端が扁平になっている、正確には2又の棘になっているようです。
コウゾリナ(帯化)

平坦になった茎の部分から普通に葉が出ている。
コウゾリナ(帯化)

上部でも同様、ただ数は多そうです。
コウゾリナ(帯化)

頭花の数も普通より多く密のようです、開き方も悪い。
コウゾリナ(帯化)

キク科コウゾリナ属

(5月13日撮影)
2020. 05. 03  
イチリンソウは普通萼片が5枚ですが7枚のがありました。
イチリンソウ(多弁)

これは6枚
イチリンソウ(多弁)

これも6枚、大きさが随分不揃いです。6枚のは割と見かけました。
イチリンソウ(多弁)

これは外側が5枚ですが内側に3枚出来ています。
イチリンソウ(多弁)

これは外側4枚内側4枚。以前外側だけで8枚のを見たことがあります。
イチリンソウ(多弁)

イチリンソウに多弁があるのならニリンソウもかと思って探しましたが6枚のが一つだけでした。ここはイチリンソウ以上にニリンソウが咲いているのに多弁のはこれだけでした、変化しにくいのかな。萼片が緑色になるのがあるそうなので探してみたんですけどね。
ニリンソウ(多弁)

キンポウゲ科イチリンソウ属

(4月15日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2022年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR