2014. 12. 23  
ウメモドキの実をアップしたので序に樹皮もアップ、これはまだ若木のせいか少し緑がかっています。

ウメモドキの樹皮

成長してくると灰褐色になる。少し皮目があるが全体に滑らか。

ウメモドキの樹皮

変わった模様が付いていますが検索しても出てこずそれ程一般的ではなさそうだ。

ウメモドキの樹皮

モチノキ科モチノキ属

(12月9日撮影)
2014. 12. 12  
秋吉台で撮ったアキニレの樹皮、ジャンル入れのため再アップ

アキニレ

こちらは以前アップしたアキニレの樹皮。こちらの方が太いのに1枚目のほうが余程老木に見えるな。

アキニレの樹皮

ニレ科ニレ属
2014. 12. 11  
記事はこちらから。これもジャンル入れの為アップ。

ハリエンジュの樹皮

マメ科ハリエンジュ属
2014. 12. 10  
一度の時にアップしていますがジャンルに入れるため樹皮の写真だけ再アップ。

ヤマナシ

バラ科ナシ属
2014. 12. 09  
を撮ったのの同じ木です。荒々しく縦に裂けている、一部剥げ落ちてくるのかな。

ナツメの樹皮

すぐ傍にあった同じ木、大分印象が違います、やや細いので若いのかな。

ナツメの樹皮

クロウメモドキ科ナツメ属
2014. 12. 08  
ネタがすっかりなくなったので撮りためておいた樹皮を時たまアップしていくつもり。
家の近所で初めて見かけたチシャノキ、花はこちらから。灰褐色で縦に浅く割れる。よくあるパターンなのでこれだけではまず無理だな。途中に乱れがありますが成長の過程で何かあったのでしょうか。

チシャノキの樹皮

ムラサキ科チシャノキ属
2013. 12. 29  
樹皮というよりは刺のほうが目立つカラスザンショウ

カラスザンショウの樹皮

刺が少なくなると縦縞模様が目立ってきます。

カラスザンショウの樹皮

木が大きくなると刺が無くなってきますが縦縞模様はしっかり残っています。

カラスザンショウの樹皮

ミカン科サンショウ属
2013. 12. 28  
登山道に沢山の栗の実が落ちていた。大半は空だが落ちたばかりで実が入っているのもあったので持ち帰り。拾っている間でもポトポト落ちてきていた。

クリの実

全く人の手を離れているからヤマグリと言っていいだろ。高木なのでとても全体像は撮れず。

クリの樹皮

樹皮は網目状の裂け目、普通は縦に裂けるようですが。

クリの樹皮

ブナ科クリ属
2012. 12. 07  
鱗状に剥がれるのが特徴的なカゴノキ。

カゴノキ(樹皮)

白や肌色緑や褐色など色々。鹿子模様に見えるところから鹿子の木。

カゴノキ(樹皮)

若い内は剥がれ方もそれ程複雑でないかな。前のは樹高20m以上で花は無理ですがこちらだとなんとか撮れそうかな。

カゴノキ(樹皮)

クスノキ科ハマビワ属
2012. 12. 06  
秋吉台に1本しかないというハリギリ、ロンサムジョージならぬ(死にましたが)ロンサムハリギリ。高さ20m以上でこれでは花が咲いても撮れそうもないな。

ハリギリ(樹皮)

深い裂け目が縦に入る。

ハリギリ(樹皮)

若い木や枝には鋭い棘があるそうでこれがそうかな。

ハリギリ(樹皮)

ウコギ科ハリギリ属
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

11月 | 2019年12月 | 01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR