2023. 11. 19  
紀州方面へ二泊三日の旅行に行ってきました、全てスマホ撮影。
1日めはほぼ移動日、ホテルのチェックインには早かったので近くの観光地巡り、最初にったのは三段壁、断崖の上から見るにはあまり大したことなくヾ(^^;)
三段壁

でも崖の上でスマホを構えていると落とすのが怖い(^^;)
三段壁

すぐ近くの千畳敷、こちらは上を歩くことが出来てよかった、快晴で海も青く適度に白波が立っていていい風景でした。
千畳敷

地層が重なっています、有名観光地なので人がいない様子を撮るのは無理、落書きが多いのが残念でした。
千畳敷

ホテル近くの火雨塚古墳、これは事前に調べておきました、2008年に訪問しているけどその時は車で駐車場所がなかったので適当に停めて超特急で訪問したので今度はゆっくりと思ったけどやはり雰囲気的にあまりゆっくり出来ない、入ったけど。
火雨塚古墳

近くの海岸で撮った日没の様子、快晴はいいけど雲ひとつ無いのであまり面白くなく夕焼けは見られそうもないのでパス。
日没

2日め、曇り空時々雨、橋杭岩、丁度干潮の頃、潮が少しづつ満ちていく様子がわかりました、もっと撮ったはずだが何故かこれ1枚しか無い、この前に潮岬灯台に行ったんですが上には登ったけどとてもじゃないけど写真は撮れなかった、高所恐怖症[[(+_+)]]ブルブル
橋杭岩

これは絶対見たかった那智の滝、迫力がありますね。
那智の滝

動画でも撮ればよかったか。
那智の滝

手前の崩れ落ちた岩石軍の中にミニ滝がありました、偶然でしょうが岩が溝が彫られたようになっています。
那智の滝

こちらは観光パンフレットなどで見かけるアングル、あの塔はもっと赤かったイメージがあったけど。
那智の滝

熊野神社境内の大楠、中が空洞になっていて胎内巡りが出来ます、下から入って上から出てきます、有料だから入らなかったけど。
胎内巡り

3日目、朝から大雨、移動時間もあり伊勢神宮訪問に留める、これは内宮入り口の鳥居、神社総本山だけど鳥居は巨大だけど素朴ですね、雨の平日なのに人が多いのには驚いた、休日の観光シーズンだとどれだけ多いんだか、私一人だともっと歩き回るのだが雨だし連れもあるので出来なかった。
伊勢神宮
2023. 10. 28  
前回の平尾台は1日中霧雨&曇り空でお日様を見ることがなかったがこの日は雲ひとつなく日中も殆ど雲が出なかった、こんな日も珍しいかも、朝露が予想されたので雨ズボン履いて行った、効果はあったけど蒸し暑い。
雲が全く無かった早朝、却って絵にならないので柿の木を前景に入れてみたが手前は日陰なのでいまいち、一応ストロボ撮影しているんですが殆ど効果がなかった。
平尾台

セイタカアワダチソウを前景に大平山
平尾台

草原の中にぽっかりドリーネの穴
平尾台

湯気が出ています、穴が開いていて内部から暖かい空気が出ている模様。
平尾台

尾根筋到着、手前が小穴、その後方が大平山、更に遠くに福智山があるはず、左側のピーク沿いに山道が見えていてそこを登ってきました、このコースは花があまりないので秋以外は殆ど通らない。
平尾台

平尾台ではケルン禁止だそうです、殆どの人は知らないだろうな、私も知らなかったし。
平尾台

別の場所から、セイタカアワダチソウと大平山。
平尾台

春の山焼きの準備、防火帯があちこちできられていました、一部で山焼きも行われていました、ずいぶん早い。
平尾台

(10月18日撮影)
2023. 10. 09  
3回連続の平尾台、今年はほんと他の場所にあまり行ってないな。
午前6時半いつもの駐車場に到着、月があまりに綺麗だったので思わず撮影、今年は9月29日が満月中秋の名月だったのでこれは立待月。
立待月

望遠(5倍)で撮影、空が明るくなっているこの頃の方が月面の模様がよく撮れてます、左下に見えているのは飛行機か、月の右上に薄ぐろい陰が見えますがどうやらCCDに汚れがついているみたい、花の写真を撮るには問題ないけど青空バックだと汚れが見えてしまいます。。
立待月

あえて汚れと月を重ねて撮ってみました、殆ど目立ちません、飛行機が移動しています。
立待月

大平山にかかる月を撮ってみたかったけど方角的に無理なのではめ込み合成していました、私の腕とツールでは綺麗に切り抜けず。
大平山

(10月1日撮影)
2023. 07. 29  
この日はここまで行く予定はなかったんですがゴーゴーと滝の音が聞こえてきたので行ってみました、前日までの大雨で普段よりずっと水量が多かった。
不動滝

普段はこんな程度です。


こちらは鬼の唐手岩、地下深部の割れ目に貫入したマグマが板状に固まり地上に露出したものです、説明板が出来ていたけど去年はなかったような。
鬼の唐手岩

(7月17日撮影)
2023. 07. 15  
半月ぶりの平尾台、早朝駐車場から見た大平山、因みに読みは”おおへらやま”、平凡な字だけど超難読地名です(笑)、梅雨明けを思わせる青空ですが次の日から雨続き、私の住んでいる場所では降り止むまでの4日間で348mm降りました、一月の平均降雨量より多かったとか。
クラゲ雲

下に棚びくように尾を引くクラゲ雲、これは正確には尾流雲といいクラゲ雲とは違うようですがクラゲ雲の方がインパクトがあるのでこちらを採用(笑)、実際カツオノエボシに見えないこともない。
クラゲ雲

もっと雄大に尾を引いているのもありました。
クラゲ雲

雲の中の氷晶が落下して尾を引いたように見えています、途中で蒸発するので下まで伸びることはありません。
クラゲ雲

おまけ、森の中の木漏れ日、肉眼ではモヤがかかっているようには見えないのですが湿度100%くらいあったんでしょうね、横から斜めに伸びる様子を見ようと思って近づいたらその角度ではあまり見えなくなってしまった。
木漏れ日

(7月6日撮影)
2023. 05. 07  
予定にはなかったけど勢いで登ってしまった貫山、苦労する割には花が少ない、他の季節にも来てみないとわからないけどあまり無いような気もする。
貫山

山頂に標柱、標高711.6m、でも国土地理院の地図を見てみると三角点があり標高711.7mとなっています。
貫山

手前に三角点がありました(1枚目の写真の撮影場所辺り)、ここが真の山頂のようです、肉眼で見てもこちらの方が微妙に高いような。
貫山

標柱裏に温度計がありました、去年もあったかな、記憶にないな。
貫山

気温18.5度、風が強く冷たく体感温度はこれよりずっと低そう。
貫山

正面の山が周防台、右側の円錐形のが権現山、去年とうとう登らなかった、でもあそこに行ってもそこでなければ、な野草は見られないようなきがしないでもない、あそこを縦断すると数時間はかかりそうだし。
貫山

(4月24日撮影)
2023. 04. 15  
古墳巡りの次の日に平尾台を廻ってきました、いよいよ野草シーズンの始まりです。
まずは最初の山塔ヶ峯、予定にはなかったけどつい勢いで登ってしまった。ハッキリしたピークはなく見ての通り表示版がなければ通り過ぎるかもしれない、眺望は全くないし目ぼしい花も無くお疲れ山でした、途中急傾斜の山道、上りは問題ないけど下りの方が怖かった、山道の所々にテープがありますが折りやすい場所を選んでいたらコースを外れてしまった。
塔ヶ峯

展望台があるようなので行ってみましたが”歩いて10分”では人によって差が出るから長さで表示してほしかった。しかも先の方は山道がなく巨岩の上を歩く状態、花もないし途中で引き返しました。
塔ヶ峯

駐車場から見た大平山
大平山

朝6時45分の撮影、朝日が斜めに当たって羊岩群が強調されています。
大平山

(4月3日撮影)
2023. 02. 15  
ネタが少なくなってきたので1年前ですがこんなものでも。
初めは大きな猫かと思いましたがよく見ると猿でした。
日本猿

近寄ってもこちらを気にすることもなく、と言うか無視
日本猿

子猿じゃないけど親猿とも思えず少年くらいか、まだ経験が浅く人間を恐れないのかな。
日本猿

ここまで接近してももう完全無視(^^;)、でも去年7月山口市で猿に噛みつかれた被害が続出したことを考えると危険な接近だったかも。
日本猿

動物を撮ったのは多分初めて、なので入れるジャンルがなく(^^;)、新しく作るのもなんなので風景他に入れておこ

(3月23日撮影)
2023. 01. 31  
久しぶりに青空が広がり気温も高くなったので散歩を兼ねて近所の公園まで行ってみました。途中の道端では冬場の常連さんが咲いていたけどやはり少ない。公園内ではもっと咲いておらず例年なら見かけるウマノアシガタ、クサイチゴ、タチイヌノフグリ、カラスノエンドウなどは全く咲いておらず今年は記録的な遅さになりそうです。結局公園内では花は撮らなかった。
公園内の樹木が伐採されていました、ここにあったのはなんだろ、多分ドングリ系の樹木。
公園

斜面になっている広場の中央にあったのも伐採、あれはイヌビワだったかな。
公園

ちょうど伐採中でした、根本をチェーンソーで切りロープを掛けて倒すんですね、あらぬ方向に倒れたら危険だからでしょうね。
公園

無事倒れました、あそこにあったのは多分クロキ
公園

反対側も伐採されて見通しが良くなっていました。
公園

イチョウだけが残されていた、これは雌株、以前は果実を地面に落としていましたが足元は藪の中で採る人もいなかったけど今年はとりやすくなるだろ。
イチョウ

今までは反対側は藪で全く入れなかったけど折角のチャンスなので入ってみて撮影、樹形が左に偏っていますが右側から吹き上がってくる海風の影響もあるんでしょうか。
イチョウ

この広場の周囲にキョウチクトウがあったのですがすっかり伐採、根本は残しているからまた成長してくるでしょうが花は当分お預けかな、あわよくばここで果実、と思っていたけどもう無理だわ。
キョウチクトウ

右側にあった背の低い針葉樹も伐採、左はオガタマノキですが流石にこれは無事、これ1本しか無いですからね。
オガタマノキ

この公園でヒメウズを探したのですがまだ咲いてなかった、その時見つけたのがこれ、多分タンポポと思いますが葉軸を残して柔らかい葉の部分がすっかり食べられています、イモムシのせいでしょうがこんな食い方するか。
タンポポ

地面に落ちた黄色いもの、ツルウメモドキの果皮です、たくさん落ちていましたが果実部分は殆どなく鳥に食べられて果皮だけ散ったんでしょうか、上を見上げてもそれらしいものは全くなし。
ツルウメモドキ

こんなとこにビワがはえている、当然植えられたものじゃなく鳥が食べた果実の種子から芽生えたのでしょうか、ここは毎年のように来ているけど何時から生えていたかな、幹の太さが2cmくらいしかないからまだ数年程度だろうな。
ビワ

(1月31日撮影)
2022. 12. 02  
(タイトル変更)

平尾台にはキス岩


根性の木など名前がついた岩があります、他にライオン岩や天狗岩などがあります。


これもかなり奇妙な姿ですが名前はついてないんでしょうか、あまり人が通らない場所ですが。
奇妙な岩

似たようなのは見かけたことがありません、どうやったらこんな姿になった。
奇妙な岩

記念スタンプを押す印鑑のようにも見えます、国宝の”漢委奴国王印”はちとオーバーか。
奇妙な岩

(11月4日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR