2023. 11. 25  
オカトラノオが紅葉していた、ここまで赤くなるのも珍しいかも。
オカトラノオ

特に下の方の葉が鮮やかです。
オカトラノオ

当然光に透かしてみる。
オカトラノオ

撮影時は気が付かなかったですが右側のはササの葉でしょうか、上部が枯れて茶色くなっているのはよく見かけますが赤くなっているのは初めて見るかな。
オカトラノオ

シラヤマギクも紅葉
シラヤマギク

紅葉と言うよりはかなり黒っぽい。
シラヤマギク

光に透かしてみるとだいぶ赤みがあります。
シラヤマギク

黄葉していたマメ科の葉、なんだろうと思いましたがヤブマメでしょうか。
ヤブマメ

樹木では黄葉するのはよくありますが草紅葉で黄葉するのはあまりないかも。
ヤブマメ

光に透かしてみると黄色が鮮やか。
ヤブマメ

石灰岩の上に伸びていたツタ、これも秋を代表する紅葉、ツル性なのでもう草紅葉とは言えないでしょうが。
ツタ

色んな色あいのが混じっている。
ツタ

鮮やかな赤や黒っぽい赤。
ツタ

これで黄色があったら交通信号(笑)
ツタ

コハウチワカエデも紅葉、カエデの仲間なので当然。
(訂正)コハウチワカエデじゃなくトウカエデのようでした。
コハウチワカエデ

ただ林内にあったのはあまり綺麗に紅葉してなかったような、林縁なので温度の変化が大きいのでしょうか。
コハウチワカエデ

これも赤いのや黒っぽいのや緑が残っているのなど様々。
コハウチワカエデ

綺麗に紅葉するヌルデ、ハゼの仲間なのでこれも当然か、花を付けてない小さな株は割りと見かけましたが平尾台ではまだ花を見つけていない。
ヌルデ

葉軸に翼があるので分かりやすい、鮮やかですね。
ヌルデ

隣り合った葉でも色が随分違う。
ヌルデ

(10月29日撮影)
2023. 11. 18  
3ヶ所目のホソバノヤマハハコ、去年よりちょっと少なかったような。
ホソバノヤマハハコ

ムラサキセンブリと同居しています、ここはムラサキセンブリも多かった。
ホソバノヤマハハコ

もう花も終わりの頃でしたが花を付けていない株も結構あります、来年花をつけるのかな。
ホソバノヤマハハコ

白いのは総包片、こちらはずっと白いままなのできれいに見える期間が長そう。
ホソバノヤマハハコ

雌雄異株でこれは雌花、咲き始めは黄色いですがすっかり茶色くなっています。
ホソバノヤマハハコ

蕊の上端が揃ってる、まるでリーゼント(笑)
ホソバノヤマハハコ

柱頭が2裂しているのがわかります。
ホソバノヤマハハコ

既に果実になっているのもありました。
ホソバノヤマハハコ

綿毛が伸びできています、こうやって見るとやはりキク科。
ホソバノヤマハハコ

まだ花柱が残っている、痩果の大きさは1mm程度、縦溝が入っているのがギリギリわかる。
ホソバノヤマハハコ

キク科ヤマハハコ属

(10月29日撮影)
2023. 11. 17  
この日唯一見かけたセンボンヤリの閉鎖花と果実、右下に閉鎖花が見えています、特に探していたわけではないけど見かけなかったな、閉鎖花だけならまだしも綿毛が伸びていたら気が付きそうなんですけどね。
センボンヤリ(閉鎖花)

閉鎖花ではある程度群生してないときがつかないかも、春の時の蕾と比べてだいぶ大きい。
センボンヤリ(閉鎖花)

綿毛は汚泥色、真ん丸なのはそれぞれの痩果と冠毛が同じ大きさになるからでしょうね、同じ大きさにするのも難しそう。
センボンヤリ(閉鎖花)

青空バックはうまくいかなかったけど下に見えているのは総包片の残骸でしょうか。
センボンヤリ(閉鎖花)

キク科センボンヤリ属

(10月29日撮影)
2023. 11. 17  
キヅタも冬にむかっての貴重な花、人間だってそうだけど昆虫にとっては更にでしょうね。
キヅタ

狙いは花盤の蜜だけどなんだかブツブツが見えている。
キヅタ

病変ではなさそう、蜜の水分が蒸発して糖分が結晶化したんでしょうか、蜜を吸う蝶では無理だけど蜂など舐めるような昆虫ではこれでも大丈夫かな。
キヅタ

他の花もみなこのようなブツブツばかりでした。
キヅタ

ウコギ科キヅタ属

(10月29日撮影)
2023. 11. 16  
セイタカアワダチソウは風景の中で撮っていますが花としても撮らなくちゃで撮ってみました、ピンクのテープが付けられていますがこの株の為じゃなく何かの目印のようです。
セイタカアワダチソウ

これぞ円錐花序と言えるような典型的な円錐花序。
セイタカアワダチソウ

花が密集しすぎて個々の花は撮りにくい。
セイタカアワダチソウ

一つの頭花は舌状花も筒状花も少ない、筒状花が5裂して開いているのがわかります。
セイタカアワダチソウ

筒状花から蕊が出ている様子、葯筒の下に花糸が見えています、左側のは舌状花の雌しべのようです、こちらは雌性。
セイタカアワダチソウ

葯筒から雌しべが出ている、こちらはあまり開かない。
セイタカアワダチソウ

舌状花の基部に小さな突起のようなのが見えていて雌しべかと思ったのですが
セイタカアワダチソウ

少し長いのもあり短い舌状花のようです、舌状花を減らして痕跡になっていくのか。
セイタカアワダチソウ

茎は普通短毛が密生なのですがこれは無毛のように見えましたがよく見ると短毛が生えているようです。
セイタカアワダチソウ

増えすぎて一時はススキが減少するかと言われていましたがあまりそんな感じはなく共存しているのかな。
セイタカアワダチソウ

上部で枝分かれすることもあります。
セイタカアワダチソウ

これは茎上部が切られています、その下側から枝を伸ばして花を咲かせています、駆除するには根本から引き抜かないと駄目なようです。
セイタカアワダチソウ

これは画面下に斜めに伸びているのがメインの茎、先端が切られ倒れていましたがやはり先から枝を伸ばして花を咲かせています、まるで倒木に生えて花を咲かせているよう。
セイタカアワダチソウ

青空バック。
セイタカアワダチソウ

もう一つ、青空バック。
セイタカアワダチソウ

キク科アキノキリンソウ属

(10月29日撮影)
2023. 11. 15  
シロダモが花を咲かせていた、晩秋に咲く樹木の花は少ないのでこれはつい忘れがちです、そう言えば去年もここで撮ったなと思い出した。
シロダモ(雄株)

雌雄異株でこれは雄花、もう雄しべが長い毛のように出ています。
シロダモ(雄株)

半透明なk被片4枚、雄しべは6本、黄色いのは線体
シロダモ(雄株)

これは柱頭でしょうか、雄花でも雌しべがありますが果実はなりません。
シロダモ(雄株)

いかにもクスノキ科らしい3行脈の葉。
シロダモ(葉)

林縁で赤い実がなっていたのでアオキかガマズミかと思って近づいてみたらこれもシロダモでした、雄株の後なのでちょうどよかった、左に見えているのはコハウチワカエデ、紅葉していますが山焼きの炎を浴びて葉が焦げていたのもあった、シロダモは常緑だから大丈夫だったか。
シロダモ(雌株)

果実がたくさんなっていた、秋だから当然なんですが
シロダモ(雌株)

花も咲いています、果実は去年の花からなったものです。
シロダモ(雌株)

葉腋に花を咲かせる、雌雄があると雌花の方が花が少ないことも多いですがこれは密集しています。
シロダモ(雌株)

雄花と比べて白い柱頭が目立ちます。
シロダモ(雌株)

半透明の花被片、これも黄色い線体がある、特記のようなのは仮雄しべ、仮と言っても痕跡の雄しべでしょうか、やはり6本あります。
シロダモ(雌株)

側に果実を全くつけてないのがありました、雄株かと思いましたが
シロダモ(雌株)

花を見るとこれも雌株でした、果実をたくさんならせていた幹からでた細い枝、まだ細いので果実を成らせなかったのでしょうか。
シロダモ(雌株)

クスノキ科シロダモ属

(10月29日撮影)
2023. 11. 14  
この日の目標の一つだけど名前がなかなか思い出せなかったけど花を見た途端思い出したシマカンギク
シマカンギク

蕊が殆ど見られずまだ咲いたばかりでした。
シマカンギク

ミニひまわり
シマカンギク

周辺部の筒状花が開きかけている、筒状花全体が半球状に盛り上がっていてこれはこれで綺麗。
シマカンギク

舌状花の蕊もまだあまり開いていません。
シマカンギク

内総包片は淡褐色で半透明。
シマカンギク

キク科は多種多様で葉も色々ですがこの葉はいかにもキク科らしい葉。
シマカンギク

台地上の山道沿いに点々と咲いていましたがまだ開いているのは少なかった。
シマカンギク

こちらは下の林縁沿いの山道、同じ時期に咲いているヤクシソウと似ていますがやはり雰囲気が違います。
シマカンギク

こちらもまだ咲き初め、暫く楽しめそうです。
シマカンギク

こちらも周辺部の筒状花が開いている、蕾の時と開いているのとではまるで違い中間がありません、まるで蕊がバネ仕掛けで飛び出してくるよう。
シマカンギク

飛び出した葯筒先端に花粉、すぐ柱頭が出てきて花粉をぶっ飛ばしているような、筒状花の雌しべはあまり開いていないことが多いがこれはしっかり開いていて舌状花のとあまり違いがない。
シマカンギク

蕊が飛び出している様子、タイムラプスで見てみたい。
シマカンギク

キク科キク属

(10月29日撮影)
2023. 11. 13  
平尾台で初のクマツヅラ、一応気にしていたけどなかなか見つからず、ここも往路で見逃し復路で見つけました。
クマツヅラ

メインの茎が切られその影響で下部の枝が横に大きく伸びてきています。
クマツヅラ

反対側から、普通上部で枝分かれするけど下部の枝がここまで伸びることはない、夏場はこの道は草茫々だからその頃咲いていたかな。
クマツヅラ

咲き始めたばかりのようでした。
クマツヅラ

6月ころから咲き始め花期は結構長いけど10月末はさすがに遅い、でもおかげで見られたかも。
クマツヅラ

この子は蕊を見せてくれないんだよね、仲間もみなそう。
クマツヅラ

淡青紫色の色は好きなんですけどね。
クマツヅラ

やはりクマツヅラと言えば茎の腺毛。
クマツヅラ

クマツヅラ科クマツヅラ属

(10月29日撮影)
2023. 11. 12  
平尾台もヤクシソウは多いのでハナヤクシソウもあるんじゃないかと思って気にしていましたが無事見つけることができました。
ハナヤクシソウ

ヤクシソウの変種で花自体は特に変わりなし。
ハナヤクシソウ

葉が羽状に深裂するのが特徴、それでも葉の基部は茎を抱いています。
ハナヤクシソウ

ただ下の方の葉はあまり裂けてないのもある、変種じゃなく同一種で姿が変わっただけじゃないかなと言うきがしないでもない。
ハナヤクシソウ

結局見つかったのはこれだけでした、秋吉台でも稀です、同じ場所に生えることが多いのでここも来年どうなるか。
ハナヤクシソウ

葉が違うだけなので花の撮り方は同じ、さすがに葉だけでは寂しいし。
ハナヤクシソウ
葯筒から出てきた2裂した花柱、花粉が黄粉のようについています。

ハナヤクシソウ

クルリンもいいけどここまでだとクルリンし過ぎ。
ハナヤクシソウ

キク科オニタビラコ属

(10月29日撮影)
2023. 11. 11  
平尾台では初めてのコシオガマ、この日の目標の一つだったんですが候補地2ヶ所では見つからずもう諦めていたけど思いがけない場所で見つけました。
コシオガマ

ここは山焼された防火帯のど真ん中、周りはもう真っ黒でした、枯れ草が残っているからここは岩陰で火が通らなかったのでしょうか、それでも熱を浴びているはず。
コシオガマ

本来ならもう花が終わっていてもおかしくないですが熱の影響でまた花を咲かせたんでしょうか、写真だとわかりにくいですが横幅5,6mm、本来の大きさの1/3くらいの大きさです。
コシオガマ

外側に腺毛が多いので山焼きの炭の破片がついてます、内側にはついてないから山焼きの後で咲いたのかな。
コシオガマ

正面から見ると三角形、シオガマギクとは似ても似つかず。
コシオガマ

3つ程咲いていました、どれも小さな花ばかりでした、周りの葉は熱の影響じゃなく元々赤黒くなります。
コシオガマ

長い花柱が残った未熟な果実、これにも腺毛。
コシオガマ

まだ白く長い花柱も残っていました、これも山焼きの後からかな。
コシオガマ

ハマウツボ科コシオガマ属

(10月29日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR