2022. 02. 22  
派手な模様をしていたので取り敢えず取ってみたカミキリムシ、ハナカミキリの仲間まではなんとかわかります。
オオヨツスジハナカミキリ

更に絞ってヨツスジハナカミキリの仲間、それでもまだ似たのが幾つもある、ヨツスジハナカミキリじゃなくてオオヨツスジハナカミキリでしょうか、模様にも変異があるようでそこを逃げ口にしておく(汗)
オオヨツスジハナカミキリ

カミキリムシ科

(7月14日撮影)
2022. 02. 17  
クズの葉の上に見慣れぬ甲虫がいました、調べてみるとマメハンミョウのようでした、ハンミョウと名がついていますがハンミョウとは別科です。
マメハンミョウ

結構たくさんいましたがちょこまか動いてなかなか撮れず
マメハンミョウ

細い葉の先端に不器用にとまっています、おかげで御尊顔拝見(笑)
マメハンミョウ

お尻の緑色のは糞でしょうか。
マメハンミョウ

ツチハンミョウ科

(8月19日撮影)
2022. 02. 17  
久しぶりに撮ってみた昆虫、ゴマダラカミキリです、見つかっちゃったと慌てて葉の陰に移動中
ゴマダラカミキリ

頭隠して尻隠さず状態
ゴマダラカミキリ

諦めて別の場所に移動中、全身を撮らせてくれました。
ゴマダラカミキリ

カミキリムシ科

(8月19日撮影)
2021. 02. 26  
4月下旬の撮影、ハナイカダに止まっていたナナフシモドキ、脚を含めた長さが体長の倍位あります、体が細いから幼虫かもしれない。
ナナフシモドキ

左側先端の突起が触覚かと思ってそちらが頭かと思いましたが逆でした(^^;)、左側膨らんだ部分が頭。
ナナフシモドキ

前足を揃えて長く伸ばしています、その間に短い触覚が見えています、前脚だけで体長と同じくらいある。
本名がナナフシモドキで別名がナナフシという不思議さ、しかもこの子が本家だよ。ナナフシ(七節)とは節くれだった枝を意味しそれによく似ているからモドキでナナフシモドキと名付けられたそうです、長いからだんだんモドキが省略されてナナフシとなったそうでなんともややこしい。
ナナフシモドキ

ナナフシ科ナナフシ属

(4月28日撮影)
2021. 01. 18  
真っ白な蛾、アメリカシロヒトリかと思いましたがシロヒトリでした。アメリカシロヒトリは知っていたけど当然アメリカがつかないシロヒトリもあるのですがそこまで考えたこともなかった(^^;)、当然初見。
シロヒトリ

脚の一部が赤いのが特徴、それにしてもほぼ全身真っ白なのでこの赤さが目立ちます、しかも片側だけが赤くなっている。
シロヒトリ

お目々が可愛い、複眼ですが。
シロヒトリ

ヒトリガ科

(8月30日撮影)
2021. 01. 17  
最近は蝶は滅多に撮りませんがこれは目の前で羽ばたいていたので撮ってみました。これはツマグロヒョウモンの雌、雄だったら多分撮らなかった。
ツマグロヒョウモン(雌)

口吻を伸ばしてアメリカセンダングサの蜜を吸っています、当然蜜はあるんでしょうがこの仲間で蜜が出ている様子は見たことない。
ツマグロヒョウモン(雌)

羽をゆっくり開いたり閉じたりしています、タイミングがなかなか合わず開いた様子を撮るのが難しかった。
ツマグロヒョウモン(雌)

なんとか半開きの状態が撮れました、ツマグロヒョウモンの雌はまさしくツマ黒、雌雄がわかりやすい。
ツマグロヒョウモン(雌)

タテハチョウ科

(9月20日撮影)
2020. 12. 08  
ナガボノワレモコウを訪問していたヒラタアブの仲間
ホソヒラタアブ

ヒラタアブの仲間は随分多いので自信がないけどホソヒラタアブでしょうか。
ホソヒラタアブ

もう咲いている花は殆どなくこの子にとっては基調な蜜源
ホソヒラタアブ

カメラを気にすることもなくナメナメ
ホソヒラタアブ

近くでアキノタムラソウやヤマハッカが咲いていましたがこの子ではその蜜を舐めるのは難しいかな、やはりこの花が一番舐めやすそう。
ホソヒラタアブ

なので時々離れることもありましたが何度も何度もやってきていました。
ホソヒラタアブ

真下から、滅多に撮れないアングル。
ホソヒラタアブ

ハナアブ科

(12月6日撮影)
2020. 03. 02  
脱いだ服に止まったウバタマムシ、何と勘違いしたんだか。
ウバタマムシ

同じタマムシ科なのに昨日の派手なヤマトタマムシと違って随分地味
ウバタマムシ

触覚も短いようです、無いのかなと思ったら体側面に沿ってあるのが見えます。
ウバタマムシ

タマムシ科

(7月15日撮影)
2020. 03. 01  
前から見たかったヤマトタマムシ、やっと出会えることができました。
ヤマトタマムシ

まさしく生きた宝石
ヤマトタマムシ

これは色素による色ではなく光の干渉による構造色なので死んでも褪せることはありません。なので法隆寺玉虫厨子もこれが使われています。
ヤマトタマムシ

滅多にないチャンスだしじっとして動かないので色んな角度から撮影、大して変わりませんが。
ヤマトタマムシ

最後は御尊顔をドアップ、丸い大きな複眼が可愛い、口元に髭があるように見えます。
ヤマトタマムシ

タマムシ科

(7月29日撮影)
2020. 02. 29  
葉の裏に蝶が隠れています、模様からイシガケチョウのようです。
イシガケチョウ

ひっくり返してみるとやはりそうでした、撮影は1月、成虫で冬を越すそうですがこんな幅の狭い葉っぱの下で大丈夫かい、この子は冬を越せたでしょうか。
イシガケチョウ

タテハチョウ科

(1月11日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2022年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR