2021. 04. 03  
これはちょうど1年前撮った果実、まだ緑色だけどたくさんの果実をならせていました。
ホザキキケマン(果実・種子)

くびれがなく数珠状にならないのが特徴。
ホザキキケマン(果実・種子)

軽く抑えると鞘が裂けて種子が見えています。
ホザキキケマン(果実・種子)

大きさ1.5mm程、ゼリー状のエライオソームが付いている、色が不揃いなのはまだ十分熟してないせいでしょうか。
ホザキキケマン(果実・種子)

種子はやや厚めの扁平な円形、細かな突起が規則正しく並んでいる。
ホザキキケマン(果実・種子)

ケシ科キケマン属

(3月29日撮影)
2021. 03. 12  
冬場に咲くセイヨウタンポポはあまり茎を伸ばしませんが果実期には随分茎を伸ばします、それにしても随分伸びるもんです。左に見えているロゼットは多分セイタカアワダチソウ。
セイヨウタンポポ(果実)

果実はまともに撮ったことがなかったので撮ってみました。これはちょっと綿毛が多くスケスケ感があまりない。
セイヨウタンポポ(果実)

一部取り除いてみました、まるで成人式の女性のショール。
セイヨウタンポポ(果実)

更に拡大、中には粃のようなのもありますが柄も白っぽくなっている。
セイヨウタンポポ(果実)

更に拡大、ちょっと不思議な感覚の写真になりました。
セイヨウタンポポ(果実)

冠毛を正面から、ほぼ真っすぐであまり捩れはないようです。
セイヨウタンポポ(果実)

痩果の長さは3mm程、縦に稜が走り上部に棘状の突起がある。
セイヨウタンポポ(果実)

キク科タンポポ属

(2月21日撮影)
2021. 03. 11  
花盛りのホトケノザ、2月ですが。花盛りの頃はどうも果実や種子に意識が行きません。
ホトケノザ(果実)

でももう幾らでも果実が出来ています(シソ科なので種子ではなく果実)。考えてみれば野草だから花が咲けばすぐ種子になるのは当たり前なんですけどね。いつ刈られるかわからないからさっさと果実を生らさないとね。
ホトケノザ(果実)

左右に閉鎖花が見えているのでこちらは閉鎖花の果実でしょうか。茎の上の方に開放花、下の方に閉鎖花が出来やすいような気がします。
ホトケノザ(果実)

4分果ですが萼の中に4個収まっているのは見つからず、これは4個見えていますがすぐこぼれ落ちるそうです。
ホトケノザ(果実)

果実の大きさは2.5mm程。
ホトケノザ(果実)

楕円球を4等分したような形なので片側に稜、片側は球面になります。
ホトケノザ(果実)

表面には白い斑紋があり先端にはエライオソームが付く。
ホトケノザ(果実)

斑紋は単純な模様ではなく僅かに盛り上がっているように見えます。
ホトケノザ(果実)

シソ科オドリコソウ属

(2月21日撮影)
2021. 03. 02  
これも古墳群のある山の中に生えていたアリドオシ、ここだけでなくあちこちの山で見かけました、秋吉台では少ないのにね。これは高さ60cm程で随分枝を広げている、アリドオシとしては最大クラス。
アリドオシ(果実)

冬でも赤い実が結構残っています。
アリドオシ(果実)

真っ赤な実はこの時期ホント目立ちます。
アリドオシ(果実)

同心円状に見えるのは花の跡、周りの棘状のは萼片の跡です。
アリドオシ(果実)

棘が葉と同長か長い、オオアリドオシは半分くらい、でも結構微妙なのもあります。
アリドオシ(果実)

いくら棘が鋭いとは言え仲間の葉をさすんじゃないよ(笑)
アリドオシ(果実)

アカネ科アリドオシ属

(2月23日撮影)
2021. 02. 25  
4月下旬花を撮ったのと同じ場所のミミナグサ、すでに果実を付けています。
ミミナグサ(果実・種子)

上のは花後の様子、花被片が萼片から殆ど出ていないのが特徴、オランダミミナグサは花後も花被片が出ています。左側のは果実が伸び始め右のは開いて中の種子が見えています。
ミミナグサ(果実・種子)

長く伸びた果実、先端が突起になって開いているのが分かります。
ミミナグサ(果実・種子)

バラまいてみました、すこしこぼれているかもしれませんがこれでほぼ全量。
ミミナグサ(果実・種子)

種子の大きさは1mm弱、全面に細かな突起があります。
ミミナグサ(果実・種子)

扁平な円形ですがよく見るとおへそのある方が薄くなっているようです。
ミミナグサ(果実・種子)

ナデシコ科ミミナグサ属

(4月28日撮影)
2021. 02. 25  
5月中旬撮影、その時の様子はこちらから。花盛りでしたがこれだけが綿毛になっていました、これは茎の先端でこの花が一番早く咲くので果実になるのも早いようです。
サワオグルマ

でも粃のような白っぽい痩果が多い、お相手がいないので巧く受粉できなかったんでしょうか。
サワオグルマ

冠毛を撮るにはどうしても摘む必要があるのでお邪魔物なしに全体像が撮れません、逆向きの棘が生えているそうですがさすがに無理。
サワオグルマ

痩果は長さ3mm程で円柱状、縦の稜が走っています、オカオグルマは痩果に毛が生えているそうです、まだ撮ってなかったので今シーズン撮らなくては。
サワオグルマ

キク科オカオグルマ属

(5月13日撮影)
2021. 02. 24  
5月中旬撮影のキツネアザミ、右下で花が見えていますがもう殆ど綿毛になっていました、棒状に見えているのは長い花柱。
キツネアザミ(果実)

綿毛は密集している内は何となく薄汚れた色に見えますが
キツネアザミ(果実)

一つだけ取り出すと輝いて見えてなかなか綺麗です。
キツネアザミ(果実)

冠毛には枝毛があって羽毛状になっている、冠毛基部は合着しているようです。
キツネアザミ(果実)

痩果の大きさは2mm程、ハッキリした稜が走っている、左右の小さいのは粃でしょうね。
キツネアザミ(果実)

キク科キツネアザミ属

(5月13日撮影)
2021. 02. 24  
5月末すっかり綿毛になっているツルカノコソウ、大分飛んでいったようで残りも少ない。
ツルカノコソウ(果実)

冠毛を持った痩果ですがキク科ではなくスイカズラ科、生存に有利な特徴は科を超えて似てくるという例。
ツルカノコソウ(果実)

冠毛は広角に開いて風を受けそう、でもまだ果実は緑色、十分熟す前に飛んでいきそう。
ツルカノコソウ(果実)

冠毛には羽毛状になった枝毛がはえる、冠毛自体もキク科に比べてやや太そう、基部は合着しているようです。
ツルカノコソウ(果実)

痩果の大きさは2mm程、3本の隆起線がある。
ツルカノコソウ(果実)

反対側は隆起線が1本だけ、冠毛が駄目になっていてこれでは飛んでいかないぞ。
ツルカノコソウ(果実)

スイカズラ科カノコソウ属

(5月29日撮影)
2021. 02. 21  
まだ十分緑色を残しているけど果実期になっているトウダイグサ、この状態はよく見ていたけどまだ十分熟してないだろうとまっていたら次に行く頃はすっかり見当たらなくなっていました。
トウダイグサ(果実・種子)

葉は緑なのにすっかり茶色くなった果実がありました。
トウダイグサ(果実・種子)

3分果からなる果実
トウダイグサ(果実・種子)

もう幾つもありました、これはまだ花柱が残っています。
トウダイグサ(果実・種子)

右側はよく見かける肥大した子房というか未熟な果実、左側ではまだ緑色の果皮がとれて種子が見えています。
トウダイグサ(果実・種子)

種子の大きさは2mm程、凸凹というより凹凹。
トウダイグサ(果実・種子)

右側は背中側が見えていて球面、左側はお腹側が見えていて平面、筋が入っている
トウダイグサ(果実・種子)

トウダイグサ科トウダイグサ属

(5月29日撮影)
2021. 02. 20  
休耕田に咲いていたコオニタビラコ、5月末なので時期的には先残りでしょうか。


もう殆ど果実に生っていました、下向きになっている様子は仲間のヤブタビラコに似ていますがこちらの方が細長い。


萎れた花冠が残っていますがまだ果実は開いていません。


大分開いて内側に痩果が見えています。


淡褐色の痩果が7個ほど、やはり舌状花の数が少ないせいか果実も少ない、花は似ているオニタビラコには冠毛があるがこちらにはない、やはり別属だなと理解できます。


長さは4,5mm程、縦に溝が走る、先端に小さな突起があるがヤブタビラコにはこれがない。


キク科ヤブタビラコ属

(5月29日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2021年04月 | 05月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR