2023. 12. 04  
公園のツツジの植え込み、手前からヤマノイモ、カエデドコロ、オニドコロとヤマノイモ属3種が並んで生えていた、こんなに接近して3種が生えているのは初めて見たかな。
ヤマノイモ

綺麗に紅葉したヤマノイモ、これも黄葉の代表ですね。
ヤマノイモ

葉がホッソリしているからヤマノイモ、オニドコロの葉は結構変異がありますがこちらはあまり変化しない、一応対生なのを確認。
ヤマノイモ

ムラがあまりなく黄葉
ヤマノイモ

イチョウの黄葉と遜色ないんですがイチョウほど愛でられることもなく。
ヤマノイモ

光が当たっている場所でも撮ってみました。
ヤマノイモ

光が斜めに当たって葉脈がクッキリ
ヤマノイモ

裏から透かして撮影、蔓は赤くなっているが葉の方も僅かに赤みがあるような。
ヤマノイモ

オニドコロも綺麗に黄葉、写真に撮るのは初めてのような。
オニドコロ

葉の形でオニドコロだと思いましたが互生なのも確認。
オニドコロ

ちょうど木漏れ日が当たっていていい感じでした。
オニドコロ

ヤマノイモより赤みがかかっているかな、個体差もあるだろうけど。
オニドコロ

これも透かして撮影。
オニドコロ

カエデドコロはそれ程黄葉していなかった、単独なら撮らなかっただろうけどせっかく3種揃ってくれたからな。
カエデドコロ

僅かに黄葉が始まりかけています。
カエデドコロ

もっと黄葉すれば撮って見なくちゃ。
カエデドコロ

奥にヤマノイモ、この時は日が当たっていたけどこの後日が当たらなくなってしまった。
カエデドコロ

ヤマノイモ科ヤマノイモ属

(11月26日撮影)
2023. 12. 03  
樹木の紅葉の代表ハゼノキ、切り株から出た細い枝の葉が紅葉しています、小さな株でも綺麗に紅葉する。
ハゼノキ

個人的にはイロハカエデよりこちらの方が好きかな、数も多い。
ハゼノキ

透かして見るつもりが裏側になってしまった。
ハゼノキ

これも紅葉した葉の側に全くしていないのもある、今年はやっぱりおかしい。
ハゼノキ

これは果実を多く付けた大きな木、まだ紅葉も残っている。
ハゼノキ

これも光に透かして
ハゼノキ

黒く傷んできていたのが残念。
ハゼノキ

これはなかなか正体が分からず、エノキかと思ったがエノキは黄葉、ムクノキは樹皮が全く違うしどうやらケヤキのようです、調べてみたらケヤキの花は一度も撮ってなかった(汗)
ケヤキ

これも赤と緑が残っている。
ケヤキ

なかなか綺麗に紅葉している。
ケヤキ

モミジバフウもきれいに紅葉するんですが
モミジバフウ

紅葉と言うより赤茶色
モミジバフウ

もうこのまま枯れていきそう。
モミジバフウ

赤くなっていたのを望遠で撮影。
モミジバフウ

ナンキンハゼも綺麗に紅葉していた。
ナンキンハゼ

赤と黄色が混じっている。
ナンキンハゼ

近寄れなかったのが残念。
ナンキンハゼ

サクラも結構紅葉する、これはソメイヨシノ。
サクラ

これも葉があまり残ってないし紅葉もいまいち。
サクラ

もう枯葉状態、サクラは葉が一斉に落ちることはなく結構残ってます。
サクラ

これは比較的葉が残っていた。
サクラ

茶色いのもあるけど赤いのもある。
サクラ

光に透かしてみるとそこそこ赤い、普段だともっと赤くなるんですが。
サクラ

(11月26日撮影)
2023. 12. 03  
天気が良かったので近所の公園に紅葉狩り、なんて風流なものではないですが。まずは黄葉樹木編
カラスザンショウにしては背が低いですが綺麗に黄葉していた。
カラスザンショウ

この日見た黄葉の中では一番きれいだったかも。
カラスザンショウ

この日も雲ひとつない青空で黄葉&紅葉を仰ぎ見るには絶好の日だったんですけどね。
カラスザンショウ

イヌビワも綺麗に黄葉する、これはホソバイヌビワと呼ばれるタイプ、15cmくらいとすごく背が低いですが偶々見かけたので撮ってみました。
イヌビワ

少し緑色が残っていますがこの程度は問題なし。
イヌビワ

光に透かしてみるのがもう定番。
イヌビワ

こちらは普通のイヌビワ、黄葉している葉もあればまだ緑色の葉もある。
イヌビワ

こちらはほぼ黄色だがまだ真っ黄色と言うほどではない。
イヌビワ

光に透かして、木陰なので色がいまいち。
イヌビワ

これは最初なんだと思いましたがクズのようです。
クズ

クズも黄葉するんだ。
クズ

これも光に透かしてみました、ちょっと距離があった。
クズ

アカメガシワも綺麗に黄葉しますがこの日はあまり見つからず、アカメガシワ自体は普段は幾らでもあるんですが。
アカメガシワ

何とか綺麗な葉を撮影。
アカメガシワ

これも日陰だけど裏から撮影。
アカメガシワ

樹木の黄葉の代表といえばやはりイチョウですがこれはもうガッカリするレベルでした、まだ緑の葉が残っているし半分以上落葉している。
イチョウ

(11月26日撮影)
2023. 12. 02  
自然公園で花が見つからなかったので紅葉を撮ってみました、ここはイロハカエデが多い。
イロハカエデ(紅葉)

1日中雲ひとつない青空で紅葉を撮るには絶好の天気でした。
イロハカエデ(紅葉)

望遠で撮影
イロハカエデ(紅葉)

これはちょっと黄色みが強い、この日は見かけませんでしたが紅葉と黄葉が同居している木もあります。
イロハカエデ(紅葉)

色のいいのを選んで撮っているから綺麗に見えますが全般に紅葉が遅く色も悪かった。
イロハカエデ(紅葉)

拡大、後方にピントがあってしまった。
イロハカエデ(紅葉)

これは以前にも撮った記憶がある、あの時は周りの葉は落葉して紅葉だけが目立っていたんですが。
イロハカエデ(紅葉)

林の中で光が当たっているので目立ちます。
イロハカエデ(紅葉)

幹がそれ程太くないので枝が伸びていく様子を下から見上げるのも楽しい。
イロハカエデ(紅葉)

上の方では光が当たるせいか紅葉しているけど下の方は緑のまま、こんな状態のが多かった。
イロハカエデ(紅葉)

まるで春の新緑の頃のよう。
イロハカエデ(紅葉)

コースの最後辺りにイチョウ、これも綺麗に黄葉するんですがかなり落葉していた。
イチョウ(黄葉)

(11月22日撮影)
2023. 11. 26  
場所も日にちも違いますが更に続く草紅葉。
ため池が干上がって露出した地面に草紅葉が一面に広がっていた、どうやらサワトウガラシのようです、まだ花が残ってないかなと思ってきたけど全く無く、でも草紅葉が見られてよかった。
サワトウガラシ

ここにサワトウガラシが多いのは知っていたけどこんなに多かったのか、もう一面に広がっていました、白く見えている花はヒロハホウキギク。
サワトウガラシ

木陰になっている部分に木漏れ日が当たっていて一層綺麗でした。
サワトウガラシ

もう全草真っ赤っ赤。
サワトウガラシ

まるで赤いヒジキ、葉が線形だしサワトウガラシで問題なさそうです。
サワトウガラシ

同じ場所でボントクタデも紅葉
ボントクタデ

これも全体が赤くなっている、イヌタデ属は草紅葉になりやすいんでしょうか。
ボントクタデ

紅葉の代表ハゼノキの負けそうな鮮やかな真っ赤っ赤
ボントクタデ

日に透かして、これは表からの方が綺麗だった。
ボントクタデ

林の中を歩いていてふと見上げると紅葉した樹木、ガマズミのようです。
ガマズミ

ちょうど木漏れ日が当たっていて背景は緑の葉で一層綺麗でした。
ガマズミ

間近でみられなかったので望遠で撮影。
ガマズミ

まだ赤い実が残っていた、紅葉していると果実が目立たないと思うんだが。
ガマズミ

(11月2日撮影)
2023. 11. 24  
日にちが変わりますがまだまだ平尾台の草紅葉が続きます。
個人的には一番好きかなと思うアリノトウグサの草紅葉、草紅葉全般に言えますが秋になっても必ずしも紅葉することもなくここも紅葉と緑の葉が混じっています。
アリノトウグサ

深い紅色、これはちょっとムラがある。
アリノトウグサ

茎も真っ赤っ赤、すぐ側のは葉は緑だが茎は赤くなっている。
アリノトウグサ

葉が小さいせいかあまりムラができることもなく一様に赤くなることが多い。
アリノトウグサ

できれば日当たりのいい場所で撮りたかったがこの日はそのようなのはあまり見かけず。
アリノトウグサ

地面を這うイメージがありますがこのように立ち上がっているのもあります。
アリノトウグサ

あまり赤くないですが多分イヌセンブリの紅葉、ここはを見たのと同じ場所です。
イヌセンブリ

今年は小さな株ばかりだったけどこんなに背の高いのもあったんだ、と言っても30cmくらいですが、こちらは正常にさいたようだけどその後小さな株は花を咲かせたんでしょうか。
イヌセンブリ

だいぶ黒っぽいが僅かに赤みもさしている。
イヌセンブリ

果実も残っていた、これもイヌセンブリとして特に矛盾はなさそう。
イヌセンブリ

イヌタデも紅葉、今までも見ていたと思うけど撮るのは初めてかな。
イヌタデ

緑の葉に虫食いがあると嫌ですが紅葉の頃だと却って侘を感じさせる。
イヌタデ

これは葉の形からしてナガバモミジイチゴ、こんな小さな株でも紅葉するんだ、大きくなった木も紅葉したかな。
ナガバモミジイチゴ

葉だけでなく茎も棘も紅葉
ナガバモミジイチゴ

ムラが殆どないので黒っぽいけどこれはこれで綺麗。
ナガバモミジイチゴ

もう芽生えと言ってもいいような小さな株も紅葉しています、右下のなんて葉が2枚しか無い、葉に残った栄養分を茎や根に吸収して残り滓が赤くなったんだろうか。
ナガバモミジイチゴ

ナガバモミジイチゴと同じ場所にあったこれ、どうやらキジムシロの草紅葉のようです、春に芽生えるから秋までは残ってないけど秋になって芽生えて草紅葉になったんでしょうか。
キジムシロ

(10月29日撮影)
2023. 11. 23  
草紅葉の常連とでも言うべきヤマハッカ
ヤマハッカ

草紅葉は黒っぽい赤のことも多いですがこれは鮮やかな紅色です。
ヤマハッカ

透過光で撮りたかったけど葉が小さいので難しく、萼も綺麗な赤になるんですがこの日はいいのに出会えず。
ヤマハッカ

オミナエシも紅葉していた。
オミナエシ

鮮やかではないけどそれ程黒っぽいこともなく。
オミナエシ

キンミズヒキも紅葉、一部ではまだ赤くなっていないのもあり側の別株は全く赤くなっていないのもあります。
キンミズヒキ

これもなかなか綺麗
キンミズヒキ

反射光でも綺麗ですが透過光だともっと綺麗(上側)
キンミズヒキ

透過光だと鮮やかさが増す。
キンミズヒキ

ヨモギも割りと草紅葉になりやすい。
ヨモギ

葉だけでなく茎も赤い、草紅葉になるとたいていそうですが。
ヨモギ

さすがに個々の葉の頭花は難しいので全体を逆光で。
ヨモギ

オトコヨモギも紅葉
オトコヨモギ

同じ株の中なのに全く紅葉していないのもあります。
オトコヨモギ

これも透過光で、ヨモギより葉が大きいので撮りやすい。
オトコヨモギ

これは初めヨモギかと思っていたが葉を見るとオトコヨモギのようだ、全体が赤。
オトコヨモギ

やや黒みがありますがこれはこれで綺麗。
オトコヨモギ

これは驚いたセイタカアワダチソウの紅葉、下側だけ紅葉、上の方の葉は緑色でまだ花も現役です。
セイタカアワダチソウ

本種の草紅葉はあまり記憶ないかな。
セイタカアワダチソウ

だいぶ黒みが強いけどこれはこれで趣がある。
セイタカアワダチソウ

(10月18日撮影)
2023. 11. 22  
10月中旬のこの日、花は少なくなってきたので草紅葉を撮ってみました、初めから意図したわけでもないので見落としたのもあるかも。
すっかり紅葉していたカラスノゴマ、周りのヤブガラシやクズの葉が青々としているので余計に目立ちます。
カラスノゴマ

葉も果実も茎まで真っ赤っ赤
カラスノゴマ

カエデも負けそうな紅さ、虫食いの跡がご愛嬌
カラスノゴマ

逆光で、微毛が産毛のように輝いている。
カラスノゴマ

果実も赤い、自力散布かな、鳥に食べられることもあるかもしれないけどこれでは目立たないよ。
カラスノゴマ

萼も果柄も赤、表面にはまだ毛が残っている。
カラスノゴマ

アカバナも全体が赤く紅葉しています、花よりこの時期の方が余程赤花
アカバナ

日に透かしてみたけどちょっと上手くいかず
アカバナ

これも果実も赤くなっている、綿毛を持つ風散布だから目立ってもしょうがないと思うけど序でに赤くなったか。
アカバナ

綿毛を持った種子
アカバナ

アキノウナギツカミも鮮やかに紅葉していた。
アキノウナギツカミ

これも日に透かしてみました、ちょっと斑。
アキノウナギツカミ

仲間のヤノネグサも紅葉している、アキノウナギツカミと同じ場所に生えているけど葉の形が違うので区別できます。
ヤノネグサ

これも真っ赤になっているのもありました。
ヤノネグサ

これも日に透かしてみました、茎の影が主脈に平行に落ちている。
ヤノネグサ

(10月18日撮影)
2022. 12. 27  
今年最後の野山巡りに行ってきました、花は全くなく果実もあまりなかったけどそれなりに面白いものが見られました、まずは名残の黄葉紅葉。
樹間に伸びた樹木、多分コナラ
コナラ黄葉

黄葉してます、こういうシチュエーションは割りと好み。
コナラ黄葉

黄葉したイロハカエデ
イロハカエデ黄葉
イロハカエデ黄葉

普通に紅葉したのもありました、ちょっと黄葉が混じっている。
イロハカエデ紅葉
イロハカエデ紅葉
イロハカエデ紅葉

ここも黄葉と紅葉が混じっている。
イロハカエデ紅葉

ここは毎年遅くまで紅葉が残っています、すっかり散っているイロハカエデもあるし何が違うんでしょう。
イロハカエデ紅葉

高さ20m程の高木、紅葉のような黄葉のような。
黄葉
黄葉

(12月26日撮影)
2021. 12. 02  
林縁から突き出た紅葉、初めは正体がわからず、左側にイヌビワが見えいていますがあちらは黄葉、背後に見えています。
コマユミ(紅葉)

果実がなっていたのでコマユミだと分かりました、背後に冬芽も見えています。
コマユミ(果実)

近くにもありました。
コマユミ(紅葉)

雲一つない晴天、正面から日が当たっていて鮮やかさが一層増していました。
コマユミ(紅葉)

当然青空バック
コマユミ(紅葉)

日に透かしてみたかったけど日が入ると難しい。
コマユミ(紅葉)

普段はこの時期に秋吉台に来ることはないから思わぬ宝物に出会えました。
コマユミ(紅葉)

ニシキギ科ニシキギ属

(11月28日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

02月 | 2024年03月 | 04月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR