2005. 10. 02  
日本の秋の定番ですね。穂の下に黄色く
ぶら下がっているのが葯(画面右下)で
この時期が花が咲いた状態、ここから花粉が
飛散していきます。
種の先端に長く伸びているのがノギでこれが
イネ科の特徴です。よく似た植物にオギが
ありますがこちらにはこれがありません。

ススキ

ススキの種

2005. 10. 02  
細長い茎を伸ばして花を何段にも咲かせています。
花は小さいけど草むらの中でも結構目立ちます。
ただこんなに何段も咲かせているのも少なかった。

アキノタムラソウ

2005. 10. 02  
秋分の頃に咲くから秋分草となかなかな名前が
付いていますが花はかなり地味。ただ細長い
茎を伸ばして葉が互生し、その根元に咲かせて
いる姿が特徴的です。これも朝日新聞花おりおり
掲載直後に見かけたのですぐわかった。
でなければ写真を撮る気にもならなかったかも。

シュウブンソウ

2005. 10. 02  
小さい頃これを服にくっつけて遊びました。
でも数が少なかったからこれは貴重品でしたね。
丸く見えているのが花でしょうがこれも凄く地味。
こちらは北米からオナモミはアジアからの帰化
植物ですが今ではオオオナモミの方がよく
見られるとか。区別は茎が紫色になることで
するのが一番簡単なようだ。

オオオナモミ

プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2005年10月 | 11月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR