2006. 07. 05  
海岸の砂地に生えていました。

コゴメマンネングサ

左側に見えているのがハマヒルガオの葉。
海岸と言うことを示すために配置。

コゴメマンネングサ

肉厚の葉を密集させて茎を伸ばしその先端に花を付けています。

コゴメマンネングサ

それにしてもマンネングサの仲間はどれも花が似ている、と言うかそっくり。

コゴメマンネングサ
2006. 07. 05  
名前がはっきり分かっているときは検索することもないのだがこれがマメ科と知ってびっくり。
確かに葉はマメ科の特徴をしているけど。
花のように見えているのは花糸だとか。

ネムノキ

蕾も見えているがこれからあの花の状態も想像できない。

ネムノキ

花糸の先端が黄色くなっているのが分かるだろうか。
これが花粉かな。

ネムノキ
2006. 07. 05  
アセビ
鈴なり状態は花の時と似ているがあの花からはなんだか想像できない。

アセビの青い実

クリ
茶色い紐状のものは雄花の萎れたものです。

クリの青い実

ヤシャブシ
オオバヤシャブシかもしれない。
昨年の実もまだ残っている。種は飛ばして空だろうけど。

ヤシャブシの青い実
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2006年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR