2007. 05. 18  
文字通り谷の中を流れる小川沿いに群生していました。
初めての場所ではどんな花に会えるか予想はしていないけどこれはほんと思いがけない出会いで開催快哉を叫んでしまった。

タニギキョウ

林の中の小さな妖精と言ったら言い過ぎだろうか。

タニギキョウ

あらっ、右端のは花弁が6枚ある。

タニギキョウ

花の大きさは6,7mmくらい、純白でなく若干色が付いてますね。

タニギキョウ

こういうほっそりとした5弁花が好み。

タニギキョウ


(5月14日撮影)
2007. 05. 18  
薄暗い林の中で木漏れ日のスポットライトを浴びてフタリシズカが咲いていた。
咲いていたと言うにはあまりにも地味だけどね。

フタリシズカ

花弁も萼もない原始的な花。この粒々一つ一つが花で丸く見えているのが花糸、中に葯があるとか。

フタリシズカ

花も印象的だけどこの十字対生の葉も特徴的ですね。
1本でも二人静香。
花序の数は1本から4,5本くらいあるのもあるそうだ。

フタリシズカ

対生する葉の節の感覚が短くて十字に見えるとか。

フタリシズカ


(5月14日撮影)
2007. 05. 18  
崖下に生えたトベラの花が満開、アオスジアゲハが蜜を吸いにたくさん集まっていた。
アオスジアゲハを上から撮るなんて滅多にないチャンス、ワイドじゃないと群集状態が分からないけどそれでは写真を見るとまず分からないだろうから望遠で撮影。
ましなのを何点かアップ。

アオスジアゲハ

アオスジアゲハ

アオスジアゲハ


(5月14日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2007年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR