2008. 10. 04  
前回来たとき気がついていたけどコミカンソウだと思って見逃していた。よく見たらヒメミカンソウじゃないか。ヒメと名が付いてもコミカンソウより大きくこれで草丈10cmくらいでしょうか。

ヒメミカンソウ

何とか残っていた花があった。雌雄異花でこれは雄花かな。コミカンソウと違い雌雄が混在するそうだ。

ヒメミカンソウ

ぶら下がるようになっている実。柄があるのがコミカンソウと違う。葉っぱも少し細長い。

ヒメミカンソウ

実は赤くならず表面はツルツル。これもコミカンソウと違いますね。

ヒメミカンソウ

コミカンソウは枝の下方にしか実をつけないけどこちらが先端まで実をつけている。

ヒメミカンソウ

参考までに同じ場所に生えていたコミカンソウ。やはりこちらの方が可愛い。

コミカンソウ

実が赤くなっている。ヒメミカンソウと全然違いますね。

コミカンソウ

トウダイグサ科コミカンソウ属

(9月24日撮影)
2008. 10. 04  
湿っぽい場所でよく見かけるけどたいてい他の草に紛れて分かりにくい。ここは水が引いて地面が出始めたばかりで分かりやすかったのでパチリ。

トキンソウ

球形の花序。一番大きいので4mmくらい。これでキク科と言われても信じられないな。

トキンソウ

黄色いのが筒状花でしょうか。後方にピントがあってぼけてしまった。

トキンソウ

蕾の状態でしょうか。黄色い種を金に見立てて吐金草と言うのが一般的な説だけどこの姿を頭巾に見立てて頭巾草と言う説もあったな。

トキンソウ

おまけ画像。
ため池にいる白鳥。水草がないせいか草を食べています。芽生えたばかりだから柔らかいのかな。

白鳥

キク科トキンソウ属

(9月24日撮影)
2008. 10. 04  
9月19日にアップしたが既に実をつけていました。同じ場所だが別の株だけど。

ナガエフタバムグラの実

花が小さい割に実は大きくて4mmくらい。

ナガエフタバムグラの実

もっと大きくなるのかな。

ナガエフタバムグラの実

アカネ科フタバムグラ属

(9月24日撮影)
2008. 10. 04  
花が疎らにつくから全体像を撮るのが難しい。

ボントクタデ

葉に黒斑、葉鞘に長い毛。これでは分かりにくいですが茎に毛が生えています。よく似たヤナギタデは茎は無毛、葉を齧ってみると辛くてこれが一番違いが分かるようだ。

ボントクタデ

ユラユラ揺れるから手で押さえないとマクロ撮影は無理ですね。

ボントクタデ

(タデ科タデ属)

(9月24日撮影)
2008. 10. 04  
スズメノヒエかなと思って近寄ったら

幼虫

イモムシだった(^^;)。それにしても巧く同じような格好でいること。

幼虫

(9月24日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2008年10月 | 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR