2010. 10. 08  
まだまだ続く遠征シリーズ、今日から森林公園を一週間以上。

初めて見かけたテンニンソウに感激したけど何のことはない至る所で咲いていてこの日一番よく見かけたかも。

テンニンソウ

下から咲き上がっていく花。

テンニンソウ

上部のこの辺りが天人に見えることからテンニンソウと名付けられたそうだけど見えるかな。

テンニンソウ

上まで咲いてそろそろ終わり。

テンニンソウ

湿っぽい場所を好むようで沢筋で多く見かけた。

テンニンソウ

尾根上でも多く咲いていた。これに限らずここでは湿っぽい場所を好む花が尾根筋でよく見かけます。桐が出やすいので湿っぽくなっているんだろうか。

テンニンソウ

花弁はなく突き出た雄しべが目立つ。

テンニンソウ

雄しべは4本、中央に見えるのが雌しべ、先端が二裂しています。

テンニンソウ

花を真正面から。

テンニンソウ

シソ科テンニンソウ属

(9月21日撮影)
2010. 10. 08  
これも多く咲いていたゴマナ。分布は近畿以北だそうで北方系のノギクかな。ここに咲いているのはやはり高地で涼しいせいでしょうか。

ゴマナ

管理棟に写真があったのでゴマナだと分かったけどやはり他のノギクとは何となく違っていた。その辺りは曰く言い難し(^^;)

ゴマナ

湿り気のある草地を好むそうでここでもそう言う場所で咲いていた。

ゴマナ

総苞はほっそり。

ゴマナ

頭花はやや小さめ。蕊が突き出ている。

ゴマナ

キク科キオン属

(9月21日撮影)
2010. 10. 08  
オタカラコウの大群生、遠くに白っぽく見えているのがゴマナ。

オタカラコウ

群生よりこのように一株ぽつんと咲いている方がいいな。

オタカラコウ

野草としては花は大きめだけど。

オタカラコウ

蕊がくるんとしてるとついアップで、どちらにしろアップで撮るんだけど。

オタカラコウ

滝をバックに咲いていたのが絵になるのでパチリ。水が少ないですが滝です。

オタカラコウ

こちらも絵になるのでパチリ、それにしても葉が大きい。

オタカラコウ

キク科メタカラコウ属

(9月21日撮影)
2010. 10. 08  
鯉が窪湿原では望遠+裏だったけどこちらはマクロ+表。

オオウラギンスジヒョウモン

同じ個体の裏。

オオウラギンスジヒョウモン

タテハチョウ科

(9月21日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

09月 | 2010年10月 | 11月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR