2011. 05. 19  
桜の葉に妙なものがついているけど幼虫ではなさそうだし

サクラハトサカフシ

これも虫こぶでした。銘々規則によればサクラ・ハ・トサカ・フシ。

サクラハトサカフシ

まさしく鶏冠だ、真っ赤っか。

サクラハトサカフシ

ただ不思議なことに反対側は真っ白。左上のを見ても両面の違いが分かるかと思います。この木にはたくさんついていたけど隣のサクラは全くなし、相性みたいなのがあるんだろうか。

サクラハトサカフシ

(5月6日撮影)
2011. 05. 19  
雄花をたくさんぶら下げたクヌギに妙なものが

クヌギハナカイメンフシ

どうやら虫こぶのようでした。命名の規則に従えばクヌギ・ハナ・カイメン・フシ、まさしくそのままですね。

クヌギハナカイメンフシ

カイメンというか毛むくじゃら。

クヌギハナカイメンフシ

こちらがそのクヌギの全体像、盛大に雄花を咲かせています。もう終わりの頃でしたが。

クヌギ

(5月6日撮影)
2011. 05. 19  
意外にもここでは初めてだったマムシグサ、地元の自然公園に比べて一月以上遅いな。むこうが早すぎるのかもしれないけど。

マムシグサ

マムシグサは普通葉から上に花を咲かせるけどここのはみな葉の高さまでしかなかった。別の種でもなさそうだしな。

マムシグサ

上から見ても葉の上に出てないのが分かるかと思います。

マムシグサ

雌雄異株でこれは雄花、仏炎苞の付け根の隙間を確認して除けば百発百中。

マムシグサ

こちらは雌花、受粉に協力させられたあげく出られなくなって死んでいった虫たち。まるで女性に奉仕したけれど利用するだけ利用されて後は捨て去られた男性を思わせ(苦笑)

マムシグサ

サトイモ科テンナンショウ属

(5月6日撮影)
2011. 05. 19  
何となくイメージが違っていたのでパチリ

ミツバツチグリ(6弁)

よく見たら標準の5弁じゃなく6弁でした。花弁の数が変化しやすい花とそうでない花があると思うけどミツバツチグリは変化しにくいかなと思う。

ミツバツチグリ(6弁)

萼片も副萼片も6枚、当然と言えば当然か。

ミツバツチグリ(6弁)

バラ科キジムシロ属

(5月6日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2011年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR