2011. 05. 29  
森林公園に行く前に訪問した岡山某所を一週間ほど、一月前にも行ったけどすっかり様変わりしていました。

ここで一番よく見かけたヤマブキソウ。初めてではないけどブログでアップするのは初めて。

ヤマブキソウ

お日様を浴びてまさしく山吹色に輝いている。

ヤマブキソウ

岩の割れ目にも生えていました。丈夫なもんだ。

ヤマブキソウ

日に透かしてみて一層美人。

ヤマブキソウ

花弁は4枚、萼片は2枚だそうだけど見あたらないとこを見ると脱落するんでしょうか。

ヤマブキソウ

手前に花弁と雄しべがすっかり落ちて雌しべの花柱だけが残っています、先端二裂。

ヤマブキソウ

雄しべをアップで見ても雌しべが見あたらないようで雄性先熟なんでしょうか。

ヤマブキソウ

同じ場所に咲いていたヤマブキ、こちらは木本で花弁は5枚でも雰囲気はよく似ています。こちらはほぼ終わりの状態でした。

ヤマブキ

ケシ科ヤマブキソウ属もしくはクサノオウ属

(5月14日撮影)
2011. 05. 29  
最初にお目にかかったラショウモンカズラ、地元ではあまり見かけないからこういうのに会うと今日もいい出会いがありそうと単純に思ってしまう。

ラショウモンカズラ

朝日を浴びていい色をしています。

ラショウモンカズラ

一番上の花は開く直前、気を貯めてポンと開くかも。

ラショウモンカズラ

渡辺綱が羅生門で切り落とした鬼の腕に見立てたものだそうだけどそう言うことを知らなくても結構不気味な姿。

ラショウモンカズラ

シソ科の花は小さく奥行きがあって蕊が撮りにくいのですがこれは割と大きいので楽々。

ラショウモンカズラ

葯を下向きにつけた雄しべと先端が二裂した雌しべ。

ラショウモンカズラ

シソ科ラショウモンカズラ属

(5月14日撮影)
2011. 05. 29  
ここでは蝶も多く見かけました。これはお初のミヤマセセリ。まだ日向ぼっこをしているのか羽根を開いて止まっている蝶が多かったです。

ミヤマセセリ

セセリチョウ科

(5月14日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2011年05月 | 06月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR