2011. 06. 06  
オオトキワツユクサとの違いはこちらから。
オオトキワツユクサは幾らでも咲いているから撮る気はしないけどトキワツユクサとなると話は別。以前見かけていたのはむしられたその後生えてこなくなっていたので久しぶりに見かけました。やはり赤い茎が目立ちました。
(追記)タイトルはそのままですがトキワツユクサ→ノハカタカラクサ、オオトキワツユクサ→ミドリハカタカラクサに変更
トキワツユクサ

やはり赤い茎が特徴、花糸も少なめ。
トキワツユクサ

花も少し小さいですが直接比較しないと分かりにくいです。
トキワツユクサ

花糸は少なめと書いたけどこれはそれ程でもなく。
トキワツユクサ

花茎の上部や萼片、葉にも怪我目立ちます。
トキワツユクサ

ツユクサ科ムラサキツユクサ属

(6月1日撮影)
2011. 06. 06  
狭い小路の斜面から突き出てきたノビル。

ノビル

花が咲いているのは滅多にお目にかかれないけどここのはどの株も花を咲かせていた。

ノビル

花はほんとに可憐で清楚、滅多に見られない分その価値は増加(笑)

ノビル

花火のように咲いている。

ノビル

雌しべがちょこんと突き出ている。子房も面白い模様をしています。

ノビル

ネギ科ネギ属

(6月1日撮影)
2011. 06. 06  
遠征も終わって暫く地元の花、今日は極身近で見かけた3種。

ハマウドの根元に異様な物が

ヤセウツボ

寄生植物のヤセウツボでした。

ヤセウツボ

ハマウドはまだ蕾なのにこちらはすっかり花を咲かせている。

ヤセウツボ

海岸のあちこちで見ることが出来ました。主にマメ科に寄生するそうですがここではハマウドによく寄生しています。

ヤセウツボ

こちらはまだ芽生えたばかり、下の方から花を咲かせながらどんどん伸びていく。太い茎がハマウド。

ヤセウツボ

花正面から。丸い雌しべがまるで何のよう(^^;)、奥に黒く見えているのが雄しべでしょうか。

ヤセウツボ

横顔、花一輪だと特にどうということはないのですが集団となると不気味な姿になる。

ヤセウツボ

海岸近くの花壇にも生えていました。マメ科やセリ科はなさそうだし赤い葉なのゼラニウムに寄生しているんでしょうか。

ヤセウツボ

ハマウツボ科ハマウツボ属

(5月20日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2011年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR