2011. 06. 14  
5月9日来たときは小さな蕾が出ていただけ。

マルミノヤマゴボウ(蕾)

そろそろいいかなと10日後に来てみたら僅かに伸びていただけだった。

マルミノヤマゴボウ(蕾)

更に2週間立ってきてみたらやっと花が咲いていた。蕾が出始めてから一月近くかかるのね。去年もさんざん来てみたけど結局花は咲いてくれなかったな。ひょっとして花の前だったのだろうか、でも6月後半だったのにな。

マルミノヤマゴボウ

直立する円錐花序、と言うより殆ど円筒だな。マルミノヤマゴボウは淡紅色だそうだがネットを見てみると結構白花もある感じ。

マルミノヤマゴボウ

花軸から長い花柄を伸ばして花を咲かせる。

マルミノヤマゴボウ

上の方の花は雄しべの葯が熟して花粉を出しているけど雌しべはまだ十分には開いていない。

マルミノヤマゴボウ

下の方の花は雄しべの葯が落ちていて雌しべが開いている。雄性先熟なんだろうな。

マルミノヤマゴボウ

マルミかどうかは子房の心皮が合着しているかどうかみてみないとはっきりしないがこれはくっついているような。実を見てみないとはっきりしませんが。

マルミノヤマゴボウ

ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属

(6月2日撮影)
2011. 06. 14  
これも新旧の葉があるから花を付けているかと思った。

サンヨウアオイ

案の定つけていたがまだ小さな蕾だった。これが5月2日。

サンヨウアオイ

10日後に行ってみたらまだ開いてないが大分膨らんできていた。

サンヨウアオイ

更に2週間後行ってみたら今度は咲いていた。

サンヨウアオイ

何とも不思議な姿、こんなに沢山咲いているのは初めて見たな。

サンヨウアオイ

てっきりミヤコアオイだと思っていたけどどうやらサンヨウアオイのようです。萼筒上部に6稜の膨らんだ部分があるのが特徴だとか。今までミヤコアオイとしてアップしてきたのもサンヨウアオイの可能性があるな。

サンヨウアオイ

ウマノスズクサ科カンアオイ属

(6月2日撮影)
2011. 06. 14  
全体像が撮りにくいヤマハタザオ、これで草丈6,70cmくらいかな。細くて高くてバックを選ばないと分かりにくい。

ヤマハタザオ

こちらは山頂、珍しく無風で撮りやすかった。かといって空をバックにすると本体が黒っぽくなって分かりにくいしね。

ヤマハタザオ

主に頂部に数個の花をつける。

ヤマハタザオ

花自体はアブラナ科そのもの。

ヤマハタザオ

粗い鋸歯のある葉、根元で少し茎を抱く。茎にも毛がある。ハタザオとの違いはよく分かりません。

ヤマハタザオ

アブラナ科ヤマハタザオ属

(6月2日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2011年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR