2011. 06. 16  
初めて見かけたハンショウヅル、何で今まで気がつかなかったのかな。この日はここだけでなく山の上の方でもみっけ、ますます何で気がつかなかったのかな。

ハンショウヅル

10日前に来たときはまだ蕾だったのでもう一度やってきました。それでも開いているのはポツポツだった。

ハンショウヅル

見ての通りこれは花弁でなく萼片、この姿が半鐘に似ていることから名付けられた。

ハンショウヅル

多数の雄しべ、毛が密生している。雌しべは見えてないな。

ハンショウヅル

特徴的な三小葉の葉。

ハンショウヅル

キンポウゲ科センニンソウ属

(6月4日撮影)
2011. 06. 16  
まだ殆ど蕾だったけど幾つか開いているのがあった。

ウリノキ

何度見ても不思議な姿、黄色いのは葯でこれも随分長い。どんな虫が訪れて受粉の手伝いをするんだろ。側の蕾を見ると花弁が捻れている感じ。

ウリノキ

花弁は6枚だがカールするのは3,4枚、花弁の一つ二つがくっついてカールするようだ。

ウリノキ

ウリノキ科ウリノキ属

(6月4日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2011年06月 | 07月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR