2011. 08. 12  
すっかり盗掘を受けているという話を聞いていたので心配してましたがこの日はなんとか4株見つけることが出来ました。でも依然見つけていた場所では咲いてなかったな。

ヒオウギ

同じ場所に咲いていたもう一株。

ヒオウギ

自然の中で見てこその美しさなんですけどね。

ヒオウギ

正面から見ると雌しべがそっぽを向いてます。

ヒオウギ

横から見ると花弁が水平、雄しべが棒の先につけたリボンのよう。

ヒオウギ

花後のグルグル。雄しべが出ているからツユクサのような自家受粉でもないのかな。花の養分を絞りっているんでしょうか。

ヒオウギ

雄大な景色をバックに撮りたいけど場所が分かるかもしれないのでこれで我慢。

ヒオウギ

こちらは石灰岩の割れ目に咲いていました。葉の様子を檜扇に見立てて命名。もう一株もやはり石灰岩の上、それで盗掘を免れたんでしょうか。

ヒオウギ

アヤメ科ヒオウギ属

(8月1日撮影)
2011. 08. 12  
クルマバナが咲き始め。これも似たのが多いけどここはクルマバナでいいだろ。まだ悩むほど他の仲間を見てないしな。

クルマバナ

やはり何段にもなって咲いているのを見たいけどまだこういうのは少なかった。

クルマバナ

花が輪生する様子を車に例えて車花。

クルマバナ

花も比較的大きくて撮りやすい。ピンク色の花弁が日に映えてます。

クルマバナ

正面から見ると少々不気味だけど雄しべがはっきり見えてます。

クルマバナ

こちらはカールした雌しべが突き出ている。花が終わった萼片も縁取りされているようで美しい。

クルマバナ

シソ科トウバナ属

(8月1日撮影)
2011. 08. 12  
咲き始めたヌスビトハギ。この地ではここでしか確認してないから多分毎年同じ株をアップしているかも(^^;)

マルバヌスビトハギ

ヌスビトハギも色々種類がありますがこれは文字通り葉が丸っこい。

マルバヌスビトハギ

ハギの仲間と言うとあれこれ浮かぶけどヌスビトハギはその中に入ってないんじゃないかなと思う(^^;)

マルバヌスビトハギ

でも可愛くて気に入っているんだけどね。

マルバヌスビトハギ

筒状の雄しべの先から雌しべが突き出ています。

マルバヌスビトハギ

マメ科ヌスビトハギ属

(8月1日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2011年08月 | 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR