2012. 05. 02  
遅れていたコバノタツナミソウもすっかり花盛りになっていた。

コバノタツナミソウ

野草に高級も低級もあるわけないけどこの色はやはり高貴な感じがしますね。

コバノタツナミソウ

下唇弁の斑点模様もいい。

コバノタツナミソウ

いつもいつも思うけどこの花序のアンバランスさ、ネジバナは重量配分を考えてあのように螺旋構造をしているけどこちらは全く無視、それなりの戦略があるんだろうな。

コバノタツナミソウ

これも植物が細胞膜という丈夫な構造を持っているおかげでしょうか。これを動物の骨などが支えていたらかなりの負担がかかりそう。

コバノタツナミソウ

シソ科タツナミソウ属

(4月22日撮影)
2012. 05. 02  
何か白いものをばらまいたように咲いているノヂシャ。

ノヂシャ

花は小さいけれど密集しているから割と撮りやすい。

ノヂシャ

食べられるそうだが花の時期だともう遅いんだろうな、食べる気もないけど。

ノヂシャ

オミナエシ科らしい花、中央のは葯から花粉が出ていますが左右のはもう葯がとれてます。

ノヂシャ

左側の花に先端が裂けた雌しべが見えている。

ノヂシャ

オミナエシ科ノヂシャ属

(4月22日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2012年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR