2012. 05. 25  
こちらも舗装の割れ目に生えたノミノツヅリ。

ノミノツヅリ

考えてみれば今までノミノツヅリはこういった人工環境の場所でしか見かけたことないな。

ノミノツヅリ

他のハコベの仲間などと比べると花は小さいがしっかりした印象を受ける。ハコベとは属が違うけどね。

ノミノツヅリ

ハコベが5枚の花弁を10枚に見せる誇大宣伝気味なのにたいして、こちらはきっぱり5枚は5枚と正直者(笑)

ノミノツヅリ

やはりこれも太陽の下で撮りたい花。

ノミノツヅリ

ナデシコ科ノミノツヅリ属

(5月12日撮影)
2012. 05. 25  
舗装の割れ目に生えたオヤブジラミ。

オヤブジラミ

花は極小、デジカメドアップ向きの花。

オヤブジラミ

小さいけれどもセリ科の特徴がはっきりしている。ちょっぴり赤みが差している辺りが可愛い。

オヤブジラミ

実も可愛いんですけどね。シラミなんてこんなに足がないぞ、そもそもシラミを見たことがある人は少ないだろうしピンとこない現代っ子も多いだろうな。


オヤブジラミ

セリ科ヤブジラミ属

(5月12日撮影)
2012. 05. 25  
こちらでは少ないカンサイタンポポ、ニホンタンポポそのものが少ないんですけどね。

カンサイタンポポ

総苞がほっそりしていてニホンタンポポの中では分かりやすいかな。

カンサイタンポポ

立ったまま上から見てセイヨウタンポポとの違いが分かればいいんだけど。花弁が散って綿毛が開く前の状態が総苞外片が分かりやすいかな。

カンサイタンポポ

キク科タンポポ属

(5月12日撮影)
2012. 05. 25  
ミミナグサは今まで郊外の山の中や麓でしか見てなかったからこんな場所にとちと驚いた。秋吉台だから山の中と言えば山の中なんですけどね。

ミミナグサ

オランダミミナグサと比べれば花付きが少ないから割と分かりやすい。

ミミナグサ

やっぱりミミナグサの魅力はこのウサギの耳のように見える花弁でしょうか。

ミミナグサ

左側のはもう実が出来ているようです。そう言えば熟した実というのは見たことないな。

ミミナグサ

ナデシコ科ミミナグサ属

(5月12日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

04月 | 2012年05月 | 06月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プルダウンリスト
QRコード
QR