2012. 06. 03  
初めてのイシモチソウ、こんなとこにいたのか。

イシモチソウ

葉に腺毛を沢山つけてこれで虫を捕らえます。今風に言うならきもかわいい、と言ったところでしょうか。

イシモチソウ

犠牲になった虫が捕らえられています。

イシモチソウ

こちらにも。結構ひかかっていましたね

イシモチソウ

こちらは虫でなく小石のようでこの様子から石持草と名付けられました。

イシモチソウ

おっとっと、葉ばかりでなく花も撮らなくちゃ。

イシモチソウ

1cmにも満たない花、恐ろしげな葉とはうってかわって凄く可愛い。

イシモチソウ

晴れた日の10時頃から開き初め午後半ばには閉じていきます。

イシモチソウ

花弁は5枚で雄しべも5本、柱頭は3本だそうだけど細かく裂けている。

イシモチソウ

モウセンゴケ科モウセンゴケ属

(5月26日撮影)
2012. 06. 03  
えっもう野菊が、と思ったけどまさかね。でも栽培種が逸出するような場所でもないしな。

ヤマジノギク

総苞片は細く尖る。

ヤマジノギク

茎葉は細長く小さなヘラ型。

ヤマジノギク

どうやらヤマジノギクのようです。「秋吉台で出会った花」によれば5,6月に咲くこともあるとか。それにしても秋咲くのとは随分イメージが違う。

ヤマジノギク

キク科シオン属

(5月19日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2012年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プルダウンリスト
QRコード
QR