2012. 06. 22  
毎年見てるが今まではこの2株だけだったけど嬉しいことに今年は花は咲かせてないが2株増えていた。

マルミノヤマゴボウ

ただ来るのが遅くてもうすっかり実になっていた。

マルミノヤマゴボウ

花序の先端も子房が膨らみ始め雄しべの葯も落ちていて花としては終わっている。

マルミノヤマゴボウ

実を見ると子房がくっついていてマルミノヤマゴボウということがよく分かる。

マルミノヤマゴボウ

側枝についた花序はまだ花が残っていた。

マルミノヤマゴボウ

雄しべの葯もしっかりあるしこれはまだ現役の花でいいかな。他の花序先端でも見られますが左側の赤い突起のような物、まるでこれ以上は花を咲かせないよと栓をしているみたい。

マルミノヤマゴボウ

ヤマゴボウ科ヤマゴボウ属

(6月14日撮影)
2012. 06. 22  
ハエドクソウが長い花茎を伸ばして花を咲かせ始めていた。まだこれからだけど結構花期は長い。

ハエドクソウ

下から咲き上がっていくが一つの花の寿命は短いんでしょうか、花が開いているのは一株に数個だけですね。

ハエドクソウ

花茎は細長くちょっとした風で揺れるし手で押さえると振動が伝わって撮るのが難しい。

ハエドクソウ

花の奥に蕊が見えています、雄しべかな雌しべかな。

ハエドクソウ

ハエドクソウ科ハエドクソウ属

(6月14日撮影)
2012. 06. 22  
すっかり終わってしまったコツクバネウツギ。

コツクバネウツギ

花が落ちた跡の萼片が紅く染まっている。

コツクバネウツギ

まさに第2の花時期状態、それにしてもなんでこんなに赤くなるんでしょうね。

コツクバネウツギ

ここのは萼片が殆ど2枚ですが3枚のも僅かにあります。

コツクバネウツギ

よく探してみるとまだ残っている花がありました。

コツクバネウツギ

内部は剛毛のジャングル、これを抜けられる虫だけが蜜にありつけるんでしょうか。右側に雌しべの柱頭が見えている。

コツクバネウツギ

スイカズラ科ツクバネウツギ属

(6月14日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2012年06月 | 07月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プルダウンリスト
QRコード
QR