2012. 07. 13  
クモキリソウの近くで見つけていたコクランが蕾を出していたので(これはその時の姿)一週間後来てみたら花がすっかり落ちていた。

コクラン

諦めきれず周りを探してみたら葉は幾つか見つかったが花を咲かせていたのはこれだけ。古い葉から新しい茎を出すのかと思ったらそうではなく新しい葉を出して茎を伸ばすんですね。根元で偽鱗茎で繋がっているそうだ。

コクラン

花はほんとこれ一つ、秋吉台では初めてなので一輪だけでも咲いていてよかった。

コクラン

黒蘭と言っても濃い赤紫色。黄色を金白を銀と読んだりする野草界での約束事(笑)。

コクラン

クモキリソウの仲間はどれも似ていますが機能アップしたササバランと比べると萼片の形が違っているようです。

コクラン

ラン科クモキリソウ属

(7月8日撮影)
2012. 07. 13  
ウラギンヒョウモンがいてウラギンスジヒョウモンがいてオオウラギンスジヒョウモンがいてオオウラギンヒョウモンがいる。名前も模様も似ていて何ともややこしい。

オオウラギンヒョウモン

これはオオウラギンヒョウモンかな。絶滅危惧種になっているそうで県内でも秋吉台だけ、ここでも数を減らしているそうだ。

オオウラギンヒョウモン

羽の裏の模様が区別しやすいようだが透過光なのでちと分かりにくい。

オオウラギンヒョウモン

もう1枚。名前が違っていたらご指摘ください。

オオウラギンヒョウモン

タテハチョウ科

(7月8日撮影)
2012. 07. 13  
笹原の中からサイヨウシャジンが顔を覗かせていた。

サイヨウシャジン

その内嫌になるほど咲いてきて撮る気もしなくなるから今の内にアップ。

サイヨウシャジン

キキョウ科ツリガネニンジン属

こちらも嫌になるほど組のアキカラマツ。

アキカラマツ

カラマツソウ属の中では一番地味かなと思うけどこれしか咲いてないしな。

アキカラマツ

キンポウゲ科カラマツソウ属

こちらもその内組のツユクサ。

ツユクサ

(7月8日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2012年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR