2012. 07. 15  
この時期赤い蕾を多数つけた茎を伸ばしているので地味だけど目立つアリノトウグサ。

アリノトウグサ

枝分かれして長い茎を伸ばす。

アリノトウグサ

左右の茎でまるで違う花なので雌雄異花のようですが右は雄性期、左は雌性期の花です。

アリノトウグサ

雄性期で4,5mmくらい。赤い萼筒に赤い花弁赤い約。

アリノトウグサ

花は下向きというかぶら下がるように咲いている。

アリノトウグサ

花弁と雄しべが脱落して羽毛状の雌しべが出てきた雌性期の花。

アリノトウグサ

更に小さくピントをあわせるのは無理なので他でピントを固定して撮影、まーまーかなと自己満足。

アリノトウグサ

アリノトウグサ科アリノトウグサ属

(7月8日撮影)
2012. 07. 15  
これにはビックリしたスズサイコ、花そのものは珍しくないんですが(多くもないですが)午後3時頃花が開いていたんですよ。

スズサイコ

普通夜開いて朝になると閉じる。雨の日などは閉じないこともあるそうですがこの日は午前中は曇り、他のスズサイコは殆ど閉じていた。午後になると急速に晴れてきたけどこの時間に開いているとはね、ある意味ラッキーでした。

スズサイコ

周りの少し茶色くなっているのは萼片のように見えるけど花弁、完全に開くと縁が反転して細くなるそうだからこれは閉じ忘れたのではなく今から開くのかもしれない。それにしても日没までまだ大分時間があるしな。

スズサイコ

鈎爪のようなのが副花冠、その中央にあるのが蕊柱です。

スズサイコ

まるでプラチナで固定されたダイヤのような趣。

スズサイコ

キョウチクトウ科カモメヅル属

(8月7日撮影)
2012. 07. 15  
台地上でもよく見かけるネムノキ。

ネムノキ

下に比べると花が咲くのは一週間くらい遅いかもしれない。

ネムノキ

咲き始めの頃。薄緑色の萼片に包まれた雄しべの赤い花糸が小さな花束のようでとても綺麗でした。

ネムノキ

今日の目的は雌しべ、雄しべとの違いが分かるでしょうか。

ネムノキ

矢印が雌しべ。雄しべの赤い花糸に比べて全体が白色、僅かに長くて少し突き出ているようです。

ネムノキ

更に拡大、雄しべとの違いがよく分かると思います。しかしこんなに小さくて花粉がつくのかね、付くから実が出来るんでしょうが。

ネムノキ

マメ科もしくはネムノキ科ネムノキ属

(7月8日撮影)
2012. 07. 15  
ミゾソバが咲いていた。これから夏本番だけど夏至をすぎてだんだん秋の花が姿を見せている。

ミゾソバ

これもその内幾らでも組だけどお気に入りだから単独でアップ。

ミゾソバ

ここのは色が薄いのが多かった。どうせなら真っ白がいいんだけどちょっと中途半端。

ミゾソバ

大分色が濃いのもありました。

ミゾソバ

透明感のある萼片がなんともいえずいい、ほんわりした雄しべの葯もプラスポイント。

ミゾソバ

タデ科タデ属

(7月8日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2012年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR