2012. 07. 30  
ドリーネの中に群生したオオシシウド、でも藪が深くて近寄れない。

オオシシウド

何とか接近できそうなのがあったので藪の中を突進、夏場の藪の中を突き進むのは少々辛い。

オオシシウド

大きなシシウドには夏空と入道雲が似合う。

オオシシウド

草刈りされた空き地に何故かオオシシウドが残されていた、草丈2m程あまりの見事さに残したのかな。全身像を撮るチャンスは滅多にないのでパチリ。

オオシシウド

真夏の空に打ち上がる花火。

オオシシウド

図体は大きいが花は小さい。5本の雄しべが突き出ているがこの時点では雌しべはまだそれ程伸びていない。

オオシシウド

雄しべが脱落すると2本の雌しべが伸びてきます。雄性先熟。

オオシシウド

カニ、カニ、カニとカニの目玉のようだ。

オオシシウド

花は昆虫に大人気ですが時には危険なのも。どうやら蜘蛛のようです。

オオシシウド

セリ科シシウド属

(7月23日撮影)
2012. 07. 30  
これからが夏本番ですが秋の花も少しずつ目にするようになってきました。季節は着実に進んでいます。

オミナエシ

緑の高原に咲くオミナエシ、これも笹原から突き出て黄色い花を咲かせるから目立ちます。

オミナエシ

この日見つけたのはこれだけ、開いている花もまだ少ない。

オミナエシ

雄しべが突き出ている。花弁も花糸も葯も黄色でコントラストに乏しい。

オミナエシ

雌しべが突き出ているが雄しべの葯は落ちている。雄性先熟でしょうか、でも花序全体としてはバラバラのようです。

オミナエシ

オミナエシ科オミナエシ属

(7月23日撮影)
2012. 07. 30  
まだ咲いていたヤブジラミ。

ヤブジラミ

打上花火か線香花火か、セリ科によくある複散形花序。

ヤブジラミ

開きかけた赤っぽい花から下側右側と時系列に並んだ花。

ヤブジラミ

花の割に葯が大きい。

ヤブジラミ

既に実が生っている。花盤や雌しべが残っている辺りがいかにもシラミっぽい。

ヤブジラミ

セリ科ヤブジラミ属

(7月23日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング
ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

06月 | 2012年07月 | 08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

プルダウンリスト
QRコード
QR