2012. 08. 13  
オトギリソウの仲間というとなんとなく湿っぽい場所に咲くイメージがありますが(ヒメオトギリやコケオトギリに引きずられているかも)これは標高700mの山頂に咲いていました。

オトギリソウ

やはり日が当たっていると花も元気に見える、撮影する方はぐったりだけど(^^;)

オトギリソウ

雄しべは多数あるけど下の方で合着して三つのグループに分かれるそうだ。

オトギリソウ

雌しべは1本だが三裂、雄しべの中から外に飛び出していて3本に見えます。柱頭が亜科っぽく違いがはっきり。

オトギリソウ

葉の裏から見た黒点、縁にも黒点が並んでいる。

オトギリソウ

オトギリソウ科オトギリソウ属

(8月4日撮影)
2012. 08. 13  
麓辺りの湿っぽい場所に咲いていたヒメオトギリ、オトギリソウに比べて花は小さい。

(追記)ヒメオトギリでなくサワオトギリのようなのでタイトル変更。この存在をすっかり忘れてた(^^;)

サワオトギリ

午後から花は閉じてくるそうで1時頃の撮影だけどもう花弁が丸まってきています。

サワオトギリ

雄しべが十数本あるからコケオトギリでなくヒメオトギリかな。コケオトギリは未だ未見。

サワオトギリ

雄しべと雌しべの形がよく似てますが先端の色が違うようでオトギリソウと同じく三裂した雌しべが見えてます。

サワオトギリ

葉の裏側から見た明点、縁には黒点がありますね。



オトギリソウ科オトギリソウ属

(8月4日撮影)
2012. 08. 13  
撮ってくださいと言わんばかりに目の前にとまっていたので撮ってあげましたとも(笑)、左右の幅が5cmくらいと割と大きな蛾でした。

チャマダラエダシャク

シャクガ科

(8月4日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2012年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR