2012. 08. 16  
秋吉台では初めてのマルバノホロシ、画面中程に小さな花が咲いているのが分かるでしょうか。

マルバノホロシ

まだ蕾が多い。隣の山でも探したが見つからずこちらによってちょうどよかった。

マルバノホロシ

マルバとは言えない葉ですがヤマホロシは下部の葉が大きく3-5裂するそうだ。ヤマホロシはそうそう見かけることはないがヒヨドリジョウゴも葉の基部がくびれたように三裂し茎に毛が多い。

マルバノホロシ

ヒヨドリジョウゴに似た花だけどあちらは白い花が多い。

マルバノホロシ

珍しいかなと思うと一層綺麗に見える(笑)

マルバノホロシ

花があまり咲いてなかったのでいろんな方向から。

マルバノホロシ

花の後ろ側から。

マルバノホロシ

ナス科ナス属

(8月4日撮影)
2012. 08. 16  
葉に黒斑のあるのがミズヒキ、ないのがシンミズヒキ、同じ場所に生えていた。ミズヒキでも黒斑のないのがあるから厄介、どちらも数が多いからそういうのは無視するけどね(^^;)

シンミズヒキ

細長い茎に花が咲いている様子を撮るのは大変難しい。

シンミズヒキ

小さな花を撮るのも困難、直接花に焦点があわないのでピント固定して撮ってみたけどまだぼけてるな。

シンミズヒキ

横顔。

シンミズヒキ

こちらはミズヒキの葉の表面、毛がたくさん生えている。シンミズヒキは殆ど生えてないので手触りが違います。

シンミズヒキ

タデ科ミズヒキ属

(8月4日撮影)
2012. 08. 16  
登山道脇に生えたトチバニンジンにもう実が生っていた。

トチバニンジンの実

は地味だけど実は派手。

トチバニンジンの実

やはりこれはお日様の当たっている状態で撮らなくちゃね。杉林の中なのでチャンスが少ないけど。

トチバニンジンの実

赤く輝く実、まだ花柱の跡が残っている。

トチバニンジンの実

他のはまだ青い実ばかりでした。赤くなっていたのは茎が倒れかかっていたのでなんらかのトラブルがあり身の危険を感じて慌てて熟したのかもしれない。

トチバニンジンの実

ウコギ科トチバニンジン属

(8月4日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

07月 | 2012年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プルダウンリスト
QRコード
QR