2012. 11. 14  
秋吉台では初めてのヤマラッキョウ、何処ででも咲いていそうですが意外と少ないというか殆どこの辺りだけ。写真では分かりにくいですが葉が1枚しか出ていませんでした。

ヤマラッキョウ

球状に密に咲く花、ラッキョウとは大分違いますが花数の少ないのもあって決定打にはならず。

ヤマラッキョウ

雌しべの花柱が雄しべの半分くらいですがこれから伸びてくるのでしょうか。

ヤマラッキョウ

歯牙は不明瞭、と言っても無いのを写すのは難しい。どちらにしろよく写ってませんが。

ヤマラッキョウ

染色体に変異が多く2倍体は湿地に生育、線形で中空の葉、4倍体は草原や海岸で葉は広線形、6倍体は海岸の岩場で大型花の数も多くなるそうだ。環境から言ったらここは4倍体か、でも秋吉台全体が湿地だそうだからな。葉の形状はよく観察してなかった。

ヤマラッキョウ

ネギ科ネギ属

(11月3日撮影)
2012. 11. 14  
この日の目標の一つがヤマラッキョウ、あっさり見つかったと思ったがなんか変、畑の側はともかくこんなに葉があったかな。どうやらラッキョウのようです。

ラッキョウ

ヤマラッキョウに比べて花がやや疎らな感じ、決定的な違いではないですが。

ラッキョウ

栽培のラッキョウは雄しべの付け根に歯牙(矢印)があるのが一番の違い。

ラッキョウ

雄しべが長く突き出る。中央に雌しべも見えてますが葯が落ちた雌しべのようで目立ちませんね。

ラッキョウ

内花被片と外花被片が3枚ずつ。

ラッキョウ

花被片だけでなく花糸や花柱も紅紫色をしています。

ラッキョウ

ネギ科ネギ属

(11月3日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

10月 | 2012年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プルダウンリスト
QRコード
QR