2012. 11. 25  
稲刈りの済んだ後の田圃に咲いたスカシタゴボウ。何度も見ていると思ったけど意外にも初めてだった。初物の感動を味わい損ねたよ(^^;)

スカシタゴボウ

ナノハナに引きずられるのかアブラナ科の黄色い花というと春の花のイメージが強いですがこれは1年中咲いているそうです。

スカシタゴボウ

実の長さは6,7mmくらいの短角果、明日アップするイヌガラシは長角果でここが一番の違い。ちなみにスカシタゴボウはスカシ・タ・ゴボウ(透田牛蒡)、でもどうしてもスカシタ・ゴボウと読んで臭い方面を連想してしまう(^^;)

スカシタゴボウ

花は頂部に密に付ける、これはまだ蕾が多い。

スカシタゴボウ

アブラナ科らしい十字状の花、雌しべの柱頭が扁平で雄しべは6本かな。

スカシタゴボウ

葉は粗く切れ込む、これもイヌガラシと大きく違う。上の葉ほど切れ込みが浅くなるそうだ。

スカシタゴボウ

葉柄基部は耳状に張り出して茎を抱く。

スカシタゴボウ

アブラナ科イヌガラシ属

(11月16日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

10月 | 2012年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プルダウンリスト
QRコード
QR