2013. 04. 02  
初めてのヤマエンゴサク、まさかこれに出会えるとは思わなかったから思わず目が点になりました。

ヤマエンゴサク

神秘的な薄青紫色の花。

ヤマエンゴサク

長さは3cmくらいと大きい、この仲間は写真では区別が難しいですが実物を見るとすぐヤマエンゴサクだと思いましたね。

ヤマエンゴサク

こちらは少し赤みがかかってますが咲いてから少し時間がかかっているのでしょうか。

ヤマエンゴサク

花が大きいから撮りやすい

ヤマエンゴサク

と言ってもこの仲間は蕊の様子は分かりませんね。

ヤマエンゴサク

苞葉は櫛歯状に裂ける。キンキエンゴサクの可能性もありますが種子の突起を見ないと区別は難しいようです。

ヤマエンゴサク

興奮して葉を撮るのを忘れてしまった。2,3回3出複葉、丸っこい葉がそうですが左上の細かく裂けたのもそうなのかな。

ヤマエンゴサク

ケマンソウ科キケマン属

(3月30日撮影)
2013. 04. 02  
林縁でよく見かけるセントウソウ、この日も多く咲いていました。

セントウソウ

セントウソウと聞くと仙洞御所を思い浮かべてなんとなく優雅な雰囲気を感じさせます。同じ頃咲くヤブニンジンとはえらい違いだ。

セントウソウ

葉もヤブニンジンと比べてずっと繊細な感じ、花が小さいのでこれも葉と込みで観賞するのが正しい姿勢

セントウソウ

と言いつつ花のドアップ(^^;)、柱頭が二裂セリ科らしい巣柄をしていますが属はこれ一種だけだとか。

セントウソウ

セリ科セントウソウ属

(3月30日撮影)
2013. 04. 02  
ふと気がつけば秋吉台ではまだオドリコソウは撮ったことがなかったな、とパチリ。記録のためアップ。

オドリコソウ

後方の林はまだ新緑が出ず冬の様相、草の方が一足早く春が訪れる感じですね。

オドリコソウ

シソ科オドリコソウ属

(3月30日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2013年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR