2013. 04. 03  
秋吉台では初めてのイチリンソウ、まだ咲き始めたばかりのようで開花しているのはほんの数輪でした。特徴的な2回羽状複葉が目立つので花が咲いてなくても分かります。

イチリンソウ

周りのヤマネコノメソウも秋吉台では撮ったことなかったな、でも全く目に入らず(笑)

イチリンソウ

花はニリンソウによく似ていますが大きさが全然違い迷うことはありません。

イチリンソウ

こちらは花弁が丸っぽく大分違う雰囲気。

イチリンソウ

雄しべも雌しべも多数。

イチリンソウ

萼片の裏は淡紅色を帯びるそうだけどこの日見たのは白だけでした。

イチリンソウ

名前の通り一株に一輪だけ花を咲かせる。でも中には例外もあるそうな。

イチリンソウ

キンポウゲ科イチリンソウ属

(3月30日撮影)
2013. 04. 03  
ニリンソウは大分咲いてきていた。今までは帰り水でしか見てなかったけどここは初めて。

ニリンソウ

これ全部ニリンソウ、視野の範囲外も全てニリンソウで広がりすぎ(^^;)、独占禁止違反だよ。葉を密に広げるので他の草が生える余地があまりなく、これがなければもっと他の野草も咲いてくれるだろうにな。

ニリンソウ

ニリンソウといえども常に二輪咲くわけでなくこの日は殆ど一輪だけでした。花茎の付け根に二輪目の蕾が見えてます。

ニリンソウ

真っ白い花、でもこれは花弁でなく萼片。雄しべや雌しべもイチリンソウとは違います。

ニリンソウ

裏から見るとうっすら紅色を帯びる。裏地にお金をかけて化粧しているような(笑)

ニリンソウ

右がイチリンソウで左がニリンソウ、イチリンソウはまだ開く前ですが花も葉もニリンソウに比べて大分大きい。

ニリンソウ

キンポウゲ科イチリンソウ属

(3月30日撮影)
2013. 04. 03  
田圃の土手に生えていたムラサキサギゴケ、ゴマノハグサ科からハエドクソウ科に移りました。しかしこれでハエドクソウの仲間とはね、確かに花の構造は似てないこともない。

ムラサキサギゴケ

トキワハゼとの違いをあーだこーだと考えていたのは今は昔(ほんの数年前だけど)。写真で見るより現物を見た方が違いはすぐ分かるな。

ムラサキサギゴケ

上唇弁からちょこっと突き出ているのが雌しべでしょうか。

ムラサキサギゴケ

体長4mmくらいの小さな甲虫が訪れていました。

ムラサキサギゴケ

花粉だか蜜を求めて花の奥に入っていきます。隙間が狭いからこのくらいの昆虫が花粉を運んでくれるのかな。でも毛の多い蜂なんかと比べて身体がツルツルだから花粉はあまり付けられそうもないな。

ムラサキサギゴケ

ハエドクソウ科サギゴケ亜科サギゴケ属

(3月30日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2013年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR