2013. 04. 13  
初めてのシロバナナガバノタチツボスミレ、それにしても長い名前だ。

シロバナナガバノタチツボスミレ

普通のナガバノタチツボスミレに混じって咲いていました。秋吉台ではここだけだそうですが20株くらいあったでしょうか。

シロバナナガバノタチツボスミレ

こんなに豪華にまとまって咲いているのも。

シロバナナガバノタチツボスミレ

スッキリ真っ白、色白美人。

シロバナナガバノタチツボスミレ

気に入ったのでもう一枚。

シロバナナガバノタチツボスミレ

柱頭は先端が鈎型に曲がる、普通無毛だそうですがこれは僅かに毛がある。

シロバナナガバノタチツボスミレ

距は赤紫色が残っています。タチツボスミレの白花種オトメスミレと同じでしょうか。

シロバナナガバノタチツボスミレ

托葉は当然櫛歯状、それにしても凄い。

シロバナナガバノタチツボスミレ

スミレ科スミレ属

(4月9日撮影)
2013. 04. 13  
葉が小さくて可愛かったので思わず撮ってみた、花が白色のように見えたのもあったけどね。

コタチツボスミレ

若干青色がかっているようです。

コタチツボスミレ

距は白色、萼片に微毛があるようですが花柄は無毛かな。

コタチツボスミレ

柱頭は棍棒型、側弁は無毛のようです。

コタチツボスミレ

托葉は櫛歯状、ならタチツボ系かと思って調べてみたらどうやらコタチツボスミレのようでした。ならば初めてだ。

コタチツボスミレ

葉の基部は切形、側脈が目立たない。コタチツボスミレは側脈が目立ち基部は浅い心形となるそうで山陰型タチツボスミレかもしれない。

コタチツボスミレ

林の中で木漏れ日が当たりこの日見たスミレの中で一番のお気に入りでした。

コタチツボスミレ

スミレ科スミレ属

(4月9日撮影)
2013. 04. 13  
以前から目にして気にはなっていたけど何となく目をそらしていた。あらためて調べてみるとオオタチツボスミレのようです。

オオタチツボスミレ

タチツボスミレに比べて随分背が高くなります。

オオタチツボスミレ

葉は丸い円心形、タチツボより大分大きく基部も心形となります。

オオタチツボスミレ

托葉はやはりタチツボらしく櫛歯状、タチツボスミレより幅が広く切れ込みも浅いとか。

オオタチツボスミレ

あまりいい花がなかったけど正面から。

オオタチツボスミレ

側弁は無毛、柱頭が随分長いですね。

オオタチツボスミレ

タチツボスミレと違い距は白。

オオタチツボスミレ

スミレ科スミレ属

(4月9日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

03月 | 2013年04月 | 05月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR