2013. 06. 02  
去年十数年ぶりに出現したオカウツボ、今年も現れました。ヨモギの仲間に寄生するそうでここも周りのヨモギに寄生しているようです。

オカウツボ

去年よりは少なかったかな。

オカウツボ

草むらの縁に咲いていることが多いから見つけやすいけど青空バックと言うわけにはいかず。

オカウツボ

それにしてもいい色をしています。その分枯れた花が何時までも残るから落差が大きい。

オカウツボ

中を撮りたかったがあまり大口を開けているのがなく

オカウツボ

時には危険も潜んでいる。

オカウツボ

ハマウツボ科ハマウツボ属

(5月22日撮影)
2013. 06. 02  
台地上で普通に見られるキジカクシ。石灰岩の岩の陰に生えていることが多いですがひょろ長い姿だからやはり風除けになるんでしょうか。

キジカクシ

花は多くつけるが極小、正面の大きさは2mm程度。

キジカクシ

雌雄異株でこれは雄花、雌花を探したけど見つからなかった。

キジカクシ

撮りにくい花ですがこれはよく撮れました。

キジカクシ

クサスギカズラ科キジカクシ属(クサスギカズラ属ともアスパラガス属とも)

(5月22日撮影)
2013. 06. 02  
前の記事でイロハモミジは年2回赤くなると書いたがそれは間違い、年3度だった。

イロハモミジの実

実が生ったとき翼も赤くなるんだわ。

イロハモミジの実

それにしてもなんでこんなに赤くなるんでしょうね。果実の部分なら紫外線を防ぐとか意味があるかもしれないけど翼の部分だしな、利点はあるのかな。

イロハモミジの実

日に透かしてみました、いい色合いだ。

イロハモミジの実

カエデ科カエデ属

(5月22日撮影)
2013. 06. 02  
近所の海岸に今年も咲いていたヤセウツボ、ここにはヨモギもシロツメクサも生えていますが一番の好みはハマウドのようです。

ヤセウツボ

ハマウツボに比べると色合いはかなり地味、でも寄生相手の幅が広い分繁殖力も強いんだろうな。

ヤセウツボ

団子っ鼻の背後に黒く見えているのが雄しべ、こんなにはっきり確認したのは初めてだな。大きな葯や太い花糸も分かります。

ヤセウツボ

こちらでは小さな昆虫が訪問していました。花より大分小さいけど花粉媒介出来るのかな。

ヤセウツボ

右側は昆虫だけど左側の黒いのは葯ですね。

ヤセウツボ

海岸に咲いているけどなかなか海をバックに撮ることは出来ず。今回初めて海をバックに撮れました。

ヤセウツボ

逆光だと撮影が難しいな。

ヤセウツボ

ハマウツボ科ハマウツボ属

(5月21日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2013年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR