2013. 06. 04  
盗掘などですっかり少なくなったムラサキ、探す楽しみはありますけどね。

ムラサキ

少ないけど台地上のあちこちに咲いているので長く歩いて探せば見つけられることもあります。

ムラサキ

晴天の暑い中見つけることが出来てホッとしました。

ムラサキ

真っ白な花、初めての方が見て紫色じゃないのねと驚くことがあります。

ムラサキ

近くにもう一株ありました。秋吉台らしい背景をバックに。

ムラサキ

後日別の場所で見つけたのでこちらも記憶のためアップ。周りをササやオトコヨモギやアキカラマツなど競争力の強い植物に取り囲まれています。

ムラサキ

ムラサキ科ムラサキ属

(5月22日撮影)
2013. 06. 04  
多分去年のと同じ株

フナバラソウ

石灰岩が暖められるのでその分成長が早いのでしょうか

フナバラソウ

お馴染みチョコレート色の花、蕊が突き出ていないとか変化に乏しく毎年同じような写真になるな、贅沢な悩み。

フナバラソウ

中央の白い部分が蕊柱でその周りのが副花冠。

フナバラソウ

後日別の場所で見つけたので記憶のためアップしておこ。

フナバラソウ

ガガイモ科カモメヅル属

(5月22日撮影)
2013. 06. 04  
台地上でも車が通れるような道沿いに多く見かけます。人より車によって種が運ばれることが多いのでしょうか。

ヘラオオバコ

蕊を見て楽しい花はそうそうないがこれはその一つ。

ヘラオオバコ

下から咲き上がる様子を見るのも面白い。

ヘラオオバコ

雄しべばかり目につくけど雌しべの柱頭もしっかり出ている。

ヘラオオバコ

雄しべは寿命が短く茶色くなった葯が下の方に積み重なっていく。早送りで見てみたいものだ。

ヘラオオバコ

オオバコ科オオバコ属

(5月22日撮影)
2013. 06. 04  
チガヤと言えば白い穂がイメージされますが花の時期はこんなに赤っぽくなる。

チガヤ

地味なイネ科でも蕊が元気良く出ている時は撮りたくなる。

チガヤ

葯をぶら下げた花糸は随分丈夫そう。付け根辺りに僅かに雌しべの柱頭が見えてます。

チガヤ

こちらは雌しべがいっぱい、黄色い葯も少し見えてます。

チガヤ

特に雄性先熟とかはなさそうで雌しべが多いのと雄しべが多いのとがあるのかな。

チガヤ

イネ科チガヤ属

(5月22日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2013年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR