2013. 06. 09  
初めて見つけた場所の近くでまたヤマトキソウを見かけました。

ヤマトキソウ

トキソウに比べると随分小さいがこちらの方が可愛いな。花の下の緑色部分が子房でしょうか、まっすぐ立っているのが苞葉。

ヤマトキソウ

唇に薄紅をさしたような。側萼片がまるで恥じらいのポーズのように見える。

ヤマトキソウ

他にもないかと探してみたら近くで二つ咲いていた。他にも蕾や開きかけの花も見えている。

ヤマトキソウ

こんなに開いているのを見たのは初めて、これが最大限くらいでしょうか。

ヤマトキソウ

下唇弁の様子はやはりラン科ですね。

ヤマトキソウ

更に近くにもう一つ、小さな昆虫が来ているけど匂いでも出ているのかな。

ヤマトキソウ

ラン科トキソウ属

(5月31日撮影)
2013. 06. 09  
ここにはヤブムラサキが多いですがやっと花が開きはじめていました。ムラサキシキブはそれより数が少ないですがまだ堅い蕾のまま。

ヤブムラサキ

これは開いたばかり、それでももう雄しべや雌しべが突き出ている。

ヤブムラサキ

開くと花弁先端が反り返ります。雌雄同花の場合雄しべより雌しべの方が短いのが多いと思うがこれは逆に雌しべが随分長いですね。

ヤブムラサキ

クマツヅラ科ムラサキシキブ属

(5月31日撮影)
2013. 06. 09  
コバノガマズミ、ミヤマガマズミと続いて最終ランナーのガマズミ

ガマズミ

先頭ランナーは見逃すことなく撮るけど最終ランナーは取り忘れることも多いな。花自体はどれも変わりないしな。

ガマズミ

ほぼ水平に広がる散房花序

ガマズミ

花は密集するので端っこの方で一輪だけ切り取り、雄しべが元気良く突き出ている。

ガマズミ

花柱は短いから斜めから見ないと分かりにくい。

ガマズミ

スイカズラ科ガマズミ属

(5月31日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2013年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR