2013. 06. 11  
隣の山には多いけど秋吉台ではそれ程見かけないウリノキ

ウリノキ

ぶら下がって咲く花は飾りのよう、左の花は花弁が散って花柱だけが残っている。

ウリノキ

花弁がクルッとまるまる様子が可愛くてお気に入りの花。振り子のように垂れ下がった雄しべと右側に細い雌しべ。

ウリノキ

花弁が1枚とれて蜜を舐めにアリが集まってます。花弁がある状態だとアリでは内部に入り込めないだろうな。

ウリノキ

ウリノキ科ウリノキ属

(5月31日撮影)
2013. 06. 11  
数が多く実付きもいいのでやたら目立つナガバモミジイチゴの実

ナガバモミジイチゴの実

色もいいし味も野いちごの中では一番かな。これも撮影後美味しく頂きました。

ナガバモミジイチゴの実

花柱の跡が毛のように残っていて歯触りが悪いのが難点だけど贅沢は言ってられない。

ナガバモミジイチゴの実

こちらはクサイチゴの実、これも多い。甘みはあるが酸味がなくて味は平板。手のひらに山盛りにして一気喰いするのが正しい食べ方(笑)

クサイチゴの実

バラ科キイチゴ属

(5月31日撮影)
2013. 06. 11  
今年はまだウシハコベ撮ってなかったな、でパチリ。ここは台地の上だけどやや湿っぽい場所、もう草茫々で行きにくい場所なので手ぶらで帰るわけにいかずとの貧乏性が真相(^^;)

ウシハコベ

でも日が射す中で元気良く綺麗に咲いていた。

ウシハコベ

小さなアリも来ています。小さいと書いたが花の大きさと比較するとそれ程小さくはないかもね。

ウシハコベ

ナデシコ科ハコベ属

(5月31日撮影)
2013. 06. 11  
藪の奥に小さな白い花が見えたので近寄ってみたらイヌツゲだった。せっかくなのでパチリ。

イヌツゲ(雌花)

雌雄異株でこれは雌花、でも雄しべがはっきり残ってますね。知ってるからいいけど知らなければ両性花と思いそう。

イヌツゲ(雌花)

花柄が結構長いんですね。

イヌツゲ(雌花)

後日別の場所で雄花を撮ってきました、こちらの方がずっと多い。左側のは花弁5枚に雄しべ5本だけど普通は右のように4枚4本。

イヌツゲ(雄花)

下から透かしてみました。雌しべの痕跡のようなのが見えてます。

イヌツゲ(雄花)


モチノキ科モチノキ属

(5月31日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2013年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR