2013. 06. 14  
ツル性だけどあまり木に巻き付いているのを見たことがなく、そういう場面に出くわしたのでパチリ

スイカズラ

蔓はかなり丈夫なようで何かに巻き付かなくても枝のように伸ばして花を咲かせています。

スイカズラ

藪の中に蔓を這い回して咲くのが普通に見かける状態。

スイカズラ

筒状の花が上下に大きく裂ける。見慣れているからあまり不思議に感じないけど思えば代わった咲き方。

スイカズラ

雄しべや雌しべが長く突き出る。やはりこういう状態で受粉に役立つのは蝶や蛾だろうな。

スイカズラ

雄しべ雌しべドアップ、小さい割には撮りやすい。

スイカズラ

時間が経つと花は黄色くなってきます。

スイカズラ

葉は変異が大きいがこれはまた極端、左は全縁なのに右は大きく深裂、隣り合う葉なのに違いすぎる。

スイカズラ

スイカズラ科スイカズラ属

(5月31日撮影)
2013. 06. 14  
まだ蕾かと思ったけどよく見たら咲いていた。

ハゼノキ(雌花)

雌雄異株でこれは雌花、花弁が反り返り柱頭は三裂かな。

ハゼノキ(雌花)

雄しべも残っているけど花粉は出してないもよう。

ハゼノキ(雌花)

膨らんだ子房が見えている。

ハゼノキ(雌花)

ヤマハゼに比べて葉の先端が尾状に尖るそうだ。

ハゼノキ(雌花)

こちらは後日別の場所で撮った雄株、花序が黄色く目立ちます。

ハゼノキ(雄花)

花の数も雌株よりずっと多い。

ハゼノキ(雄花)

5本の雄しべ、葯から花粉が出ている。雌しべの痕跡も残っている。

ハゼノキ(雄花)

ヤマハゼは葉や茎に毛が生えるそうだがこちらは無毛。

ハゼノキ(雄花)

ウルシ科ウルシ属

(5月31日撮影)
2013. 06. 14  
暑くなるに連れてアジサイの仲間が咲き始めています。その中で野山で一番多く見かけるのがコガクウツギ、以前はガクウツギとの違いがよく分かりませんでしたが(今でもだが)こちらにはないそうなので安心してアップできる(苦笑)

コガクウツギ

装飾花と生殖花に分かれる。一つの花序に装飾花は数個、全くないのもありガクアジサイのように周りを囲むこともなく適当な印象を受けます。

コガクウツギ

白いのは萼片、これも3-5枚といまいち数が定まりません。

コガクウツギ

更に装飾花の中心にも蕊を持った花がある。どこまでも徹しきれない花だ。ただこの花は実をつけることはないそうです。

コガクウツギ

生殖花は雄しべと雌しべだけのシンプルさ、花弁は早々に散るそうです。

コガクウツギ

ユキノシタ科アジサイ属

(5月31日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2013年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR