2013. 06. 16  
初めてのハイハマボッス、県の絶滅危惧種Ⅱ類でこんなのが見つけられるとは思わなかったな。

ハイハマボッス

ヒョロッとした感じで立ち上がる。海岸近くの湿地に生えるそうだがここは海岸とはほど遠く普通に湿地に生えると思った方がよさそうです。

ハイハマボッス

まだ蕾も多くこれからまだまだ咲いてくれるのかな。

ハイハマボッス

サクラソウ科らしい整った花、でも大きさは2mmそこそこ。花弁が5枚に雄しべが5本、中央に雌しべの柱頭が見えてます。

ハイハマボッス

花弁の間の白い突起状のものは仮雄しべだそうです。

ハイハマボッス

白い花弁に緑色の萼片、下半分は子房のようです。

ハイハマボッス

サクラソウ科ハイハマボッス属

(6月8日撮影)
2013. 06. 16  
数はあれど花はなかなか見かけず見つけると嬉しいノビル、ムカゴの中から花を咲かせています。

ノビル

こちらはムカゴが全くなく花が多い。

ノビル

白い花弁に紫色の筋先端が淡く紫色になると清冽な花

ノビル

雄しべが突き出て中央に雌しべがちょこんと見えてます。でも種をつける花は殆どないそうであだ花かな。

ノビル

ヒガンバナ科ネギ亜科ネギ属

(6月8日撮影)
2013. 06. 16  
暗い林床に大きな葉を広げたトチバニンジン

トチバニンジン

横から見ると長い花茎を伸ばしています。高い方で1mくらいあったでしょうか。

トチバニンジン

まだ蕾かと思ったけど近寄ってみたら雌しべが出ていました。頂生するのは雌花だけ。脇から出ているのは雄花でしょうか、こちらは終わっているのかな。

トチバニンジン

突き出た3本の花柱、子房も少し膨らんできているようです。

トチバニンジン

アリが来ているところを見るとまだ蜜が出ているのかな。

トチバニンジン

横から見ると花柱先端はかなり曲がる。

トチバニンジン

ウコギ科トチバニンジン属

(6月8日撮影)
2013. 06. 16  
この仲間の中では一番よく見かけるコミスジ、と言うかこれ以外見たことないな。

コミスジ

止まっている葉はオニドコロだよね、ウマノスズクサではないよね。

コミスジ

タテハチョウ科

(6月8日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

05月 | 2013年06月 | 07月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR