2013. 09. 03  
大分前から見かけているけど蕾ばかりで開いているのをなかなか見かけず、わざわざ探すほどのものでもないしな。

ヤブラン

やはりまだ蕾が多い。こういう花序だと上からとか下からとか咲いてくるんだけどヤブランはそういう方向性がないですね。

ヤブラン

6枚の花被片と6本の雄しべ、雄しべの中に白く見えているのが雌しべ。盛大に花粉がばらまかれていますがどんな昆虫が来たんでしょうか。

ヤブラン

キジカクシ科ヤブラン属

(8月26日撮影)
2013. 09. 03  
台地の上ではノアズキが多く見られますがヤブツルアズキはまだ上では見たことがなく麓だけ。

ヤブツルアズキ

花はノアズキそっくり、単純な構造の花ならともかくこんなに複雑な構造をしているのになんでこんなに似てるんだ。

ヤブツルアズキ

横から見てもやはり複雑

ヤブツルアズキ

葉で区別するしかない。形も少し違いますが大きさもこちらの方が大きいかな。

ヤブツルアズキ

マメ科ササゲ属

(8月26日撮影)
2013. 09. 03  
何なんだこれは、と思って思わず近づいた

(追記)atozさんが教えてくれました。ヒメホソアシナガバチの巣だそうです。タイトル変更。

蜂の巣

多数の蜂、蜂の巣だった。長さは1m以上40cmくらいあったでしょうか。

蜂の巣

アシナガバチの仲間のようですが特定できず。そもそも検索してもこんな奇妙な巣が出てこなかったな。近づきすぎて巣を揺らしてしまい蜂を興奮させてしまった、知らなかったとは言え恐ろしい思いをしたな。

蜂の巣

(8月26日撮影)
2013. 09. 03  
一昔前なら女の子の貴重な遊び道具だったけど今これで遊ぶ子はいるのかな。田圃の側だけどさすがに田圃の中で生えることはないな。

ジュズダマ

いわゆる数珠玉となるのは緑色の苞鞘、頂部から雄性小穂とひも状の雌しべが出ている。

ジュズダマ

いかにもイネ科のような柱頭。

ジュズダマ

小穂から雄しべが出ているがもう花粉が出たのか白くなっている。

ジュズダマ

イネ科ジュズダマ属

(8月26日撮影)
2013. 09. 03  
ジュズダマにいた、ヒメツノカメムシかなと思うけど自信無し。

ヒメツノカメムシ

ジュズダマの実に口吻を突き刺して汁を吸っていました。実が熟したら手も足も口も出ないだろうけどね。

ヒメツノカメムシ

口吻は結構長く体長の半分くらいありそう。蝶なら丸まって納めるけどこれはそのままなおかな。

ヒメツノカメムシ

ツノカメムシ科

(8月26日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

08月 | 2013年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR