2013. 09. 06  
と言っていいかどうか分からないけど花弁の縁が白くなっています。

メガネツユクサ

品種レベルの違いだとか。突然変異か誰かが種をばらまいたか。わざわざ植えるような場所ではないけどな。

メガネツユクサ

背後から。

メガネツユクサ

苞に毛が生えています。ここに何株かあったけどみなこの程度の毛が生えていました。画像検索しても毛が生えているのがあったり無かったり様々。

メガネツユクサ

こちらは近くに咲いていた普通のツユクサ。

ツユクサ

こちらにも苞に毛が生えています。でもケツユクサ程じゃないし微妙なところ。周りのツユクサを見て回ったらこの辺りだけで毛が生えているのが僅かにありましたがとくにまとまってはなかったな。他の地区でもちょっと注意してみたが毛が生えているのはなかった。

ツユクサ

せっかくだから蕊をドアップ。突き出ているのが普通の雄しべ花粉まで見えています。その間に見えているのが雌しべ。後方に見えているのが別のタイプの雄しべ、更に後方に花粉を出さない仮雄しべ。下側に尖って見えているのが3枚目の花弁、その両側半透明のが萼片。

ツユクサ

ツユクサ科ツユクサ属

(8月28日撮影)
2013. 09. 06  
久しぶりに撮ってみたチゴザサ

チゴザサ

茎を真っ直ぐに伸ばし枝を横に伸ばしてそこから柄を伸ばして小穂をつける。

チゴザサ

地味なイネ科にしては特筆ものの可愛さ、普通イネ科の雌しべは白っぽいけどこれは赤い。それが一層可愛さを引き立てる。花柄と言っていいのかなクネクネしています。

チゴザサ

雄しべが出ているのもありました。

チゴザサ

花にピントをあわせるのは殆ど不可能だから他の場所でピントをロックして撮影、明るい場所だから割とうまくいった。

チゴザサ

イネ科チゴザサ属

(8月28日撮影)
2013. 09. 06  
雨ざらしの古い木材に生えていたコレ

コナアカミゴケ

キノコかと思ったけど調べてみたらコナアカミゴケのようでした。苔と名が付いているが地衣類だそうです。地衣類というと岩や樹皮にへばりついているようなイメージがありますがこんな立ち上がるのもあるんですね。

コナアカミゴケ

枝の部分(子柄)だけみると地衣類らしいけど紅い部分(子器)を見るととても地衣類には見えない。

コナアカミゴケ

花なら派手な色をして昆虫を引きつけるんでしょうが地衣類でなんでこんな赤い色をしているんでしょうね。

コナアカミゴケ

ハナゴケ科

(8月28日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

08月 | 2013年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR