2013. 09. 10  
前から見たくてしょうがなかったナンバンハコベ、やっとみっけ。でも見つけてみると今までなんで気がつかなかったんだろと言った場所、側を何度も通ってんだよね、注意不足だな。

ナンバンハコベ

何とも不思議な姿、このエキゾチックな姿から南蛮ハコベと名付けられたけど純然たる在来種。

ナンバンハコベ

緑色のは萼筒先端が五裂、花弁が少し伸びてきていますが中間辺りで強く外側に曲がっているのが特徴。

ナンバンハコベ

花弁は5枚、先端が二裂している辺りがハコベのイメージを辛うじて残している。奥に緑色の子房、そこから雌しべがちょこんと突き出ている。

ナンバンハコベ

萼筒が開いてきています。雄しべは10本で花弁に沿って2本ずつ伸びているのかな。

ナンバンハコベ

萼を背後から、基部は半球形になってます。

ナンバンハコベ

花の終わりの頃。花弁は萎れ雄しべの葯は脱落、萼片も大分開いています。子房はかなり大きくなり花柱が3本長く突き出ている。

ナンバンハコベ

葉は対生、卵形もしくは卵状長楕円形。

ナンバンハコベ


ナデシコ科ナンバンハコベ属

(9月6日撮影)
2013. 09. 10  
去年咲いていた場所が2カ所とも今年は見かけず心配していたけど別の場所で見つけたイヌハギ、県の絶滅危惧種Ⅱ類になっている程少ないけど背が高くなるので山道脇に咲いていれば必ず気がつきます。草本でなく小低木だそうだ。

イヌハギ

もう一カ所、この様子なら8月下旬には咲いていただろうけど真夏の頃は来たくないような場所なんだよね。

イヌハギ

茎の頂部に総状に多数の花をつける。

イヌハギ

イヌと名の付く花は概ね役にたたないからとつけられているがこれもその例、役にたたないと言ったら大抵の野草がそうだろうしそういう意味では可哀相系の名前。野草ファンの目を楽しませるという点では十分役にたっているけどね。

イヌハギ

白い旗弁の基部に赤い斑紋が鮮やか。

イヌハギ

茎や萼片に結構毛が多い。茎の毛はネコハギほど長くはない。

イヌハギ

楕円形の三小葉の葉、頂小葉が一番大きい。

イヌハギ

マメ科ハギ属

(9月6日撮影)
2013. 09. 10  
草刈りされた後に茎を伸ばして花を咲かせたツルボ

ツルボ

下から咲き上がりますが半分くらい咲いた状態が一番姿がいいかなと思う。

ツルボ

上まで咲くと風情がいまいち。

ツルボ

花被片6枚雄しべ6本、全体が紫色で統一。以前はユリ科でしたがAPG分類でヒアシンス科に移動。

ツルボ

こちらは花被片8枚、雄しべも8本あります。子房も4分割されているようだ。

ツルボ

紫色の花柱がなんとも綺麗。

ツルボ

ヒアシンス科ツルボ属

(9月6日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

08月 | 2013年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR