2013. 09. 18  
初めてのカンコノキ、海岸近くに多く生えるそうだがここは海とは縁もゆかりもない台地のど真ん中。野焼きにもあうだろうけど健気に生えてます。

カンコノキ

もう花は終わっているだろうと思ったけど青いミニカボチャのような実を撮っていたら花に気がついた。

カンコノキ

ならばと探してみたら結構咲いていました。花期は長いようで6-1月。棘も生えているそうだがこの木ではあまり気がつかなかったな。

カンコノキ

雌雄異花でこれは雄花、長い花柄を伸ばして花を付ける。花弁はなく萼片が6枚。

カンコノキ

もう実が生っているから雌花は無いだろうと思っていたので撮影中は気がつかなかったけど帰ってから写真を調べてみると雌花も移っていました。雌花は萼片が開かないそうです、突き出ているのが雌しべでしょうか。

カンコノキ

実は熟すると白くなる。赤い種子が見えているのもありました。花から熟した実まで色んな状態が見られる便利な樹木だ(笑)

カンコノキ

艶のある全縁の葉。

カンコノキ

ここはある花を探しに来た序でに訪問したのですが本命は見つからなかったけどカンコノキが見つかってホッ。この辺りは本命が見つからないと手ぶらで帰ることになるからな。

トウダイグサ科(コミカンソウ科に含める分類もある)カンコノキ属

(9月11日撮影)
2013. 09. 18  
今花盛りのヌルデ、尖ったような花序をしているから遠目でも分かるし一斉に咲くと結構多いんだなと感じる。

ヌルデ(雄花)

高木になるけど早いうちに花を咲かせるから割と撮りやすい。

ヌルデ(雄花)

雌雄異株でこれは雄花、雄しべが突き出て花弁は強く反り返る。黄色い雌しべの痕跡も見えている。

ヌルデ(雄花)

花弁が平開しているのもありました。これから反り返るのかな。

ヌルデ(雄花)

こちらが雌花、雄花より少し小さい感じ。花弁は反り返らない。花柱の基部に赤く見えているのが子房でしょうか。

ヌルデ(雌花)

子房が膨らみはじめているのもありました。

ヌルデ(雌花)

ウルシ科ヌルデ属

(9月11日撮影)
2013. 09. 18  
秋吉台のヤマハッカは唐突に目の前に現れる気がする。群生しているのを見たことがなくてポツンと生えているせいもあるかも。

ヤマハッカ

薄い青紫色の花は魅力的なんだけど

ヤマハッカ

花の数が少ないと撮り方が限られるな。下唇の下側に結構毛が生えている。

ヤマハッカ

上唇が万歳して歓迎しているようだ。

ヤマハッカ

シソ科ヤマハッカ属

(9月11日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

08月 | 2013年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR