2013. 09. 21  
久しぶりに見かけた秋吉台のイヌトウバナ、4年前長者が森で一株だけ見つけていたけどそれ以来そこでは生えてこなかったもんな。ここでは群生していた。

イヌトウバナ

花は落ちやすいんでしょうか、萼だけ残っているのも多い。

イヌトウバナ

最大の特徴は萼片の密生した長毛でしょうか、よく似たヤマトウバナは短毛が疎ら。こちらは秋吉台ではまだ未見。

イヌトウバナ

上唇に沿って2本の雄しべ、その間に雌しべの柱頭。シソ科でよく見られる二裂はしてないのかな。

イヌトウバナ

揃った鋸歯のある卵形の葉

イヌトウバナ

葉の裏には腺点がある、ヤマトウバナにはない。でも肉眼ではわかりづらくルーペが必要かも。

イヌトウバナ

シソ科トウバナ属

(9月16日撮影)
2013. 09. 21  
秋吉台で初めてのカラスノゴマ、去年を見つけているので予定済みだがこれは全く別の場所、岩の割れ目にたまった土に生えていました。

カラスノゴマ

花の状態があまりよくなくよかったのはこれくらい

カラスノゴマ

オレンジ色の雄しべはそれより長い黄色の仮雄しべはわかるが雌しべがよく分からない。

カラスノゴマ

既に実が生っているのもありました。これからもう少し長く伸びて赤くなります。花弁は散り反り返った萼片が残っている。

カラスノゴマ

シナノキ科カラスノゴマ属

(9月16日撮影)
2013. 09. 21  
林道だけど車が殆ど通らないせいか舗装面まで茎を伸ばしているアカネ

アカネ

先端は真っ直ぐ直立している、自立できるじゃないか。でも他に寄りかかった方が楽なんだろうな。

アカネ

花が小さいのでピントをロックして撮影

アカネ

ここでは落ち着いて撮れるのでなかなか巧くいきました◎w。花柱が二つあって秋には瓢箪型の実がなります。

アカネ

花のサイズにあった小さな昆虫が訪問、ひょっとして蚊の仲間?

アカネ

4輪生の葉、でも2枚は托葉、微妙に形が違うような。

アカネ

アカネ科アカネ属

(9月16日撮影)
2013. 09. 21  
この日草原の上を飛んでいるのを何度も見かけたウラギンシジミ、名前の通り羽の裏が銀色だけど表は見せてくれなかったな。でもオレンジ色が透けて見えるから雄のようです。

ウラギンシジミ

シジミチョウ科

(9月16日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

08月 | 2013年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR