2013. 09. 22  
秋吉台で初めてのアゼトウガラシ、過去の記録を見てみたらこれで2度目だった。もっと見ていると思ったんだがな。

アゼトウガラシ

三裂する下唇の中央に黄色い斑紋があるのが特徴。

アゼトウガラシ

長短二組の雄しべが見えているかな。

アゼトウガラシ

葉先は鋭頭で浅い鋸歯がある。この仲間は葉の形が重要だがいいのが撮れてなかった。

アゼトウガラシ

ゴマノハグサ科アゼトウガラシ属

(9月16日撮影)
2013. 09. 22  
キカシグサと同じ田圃に生えていたナガエフタバムグラ、秋吉台では初めて。今までは地元のため池脇でしか見たことなかったな。

ナガエフタバムグラ

名前の通り花柄が長く5-8mm、フタバムグラは1-3mmだそうだけど中間的なのもあるそうで変種でなく変異の範囲内という見解もあるそうだ。これは10mm近くあったかなと思うけど近頃目測の自信がなくなったからな(^^;)

ナガエフタバムグラ

花も小さく2,3mm、花弁が四裂している。

ナガエフタバムグラ

青い実もなっていたがこちらは花柄が短いな、縮んだわけではなかろうに。

ナガエフタバムグラ

アカネ科フタバムグラ属

(9月16日撮影)
2013. 09. 22  
秋吉台で初めてのキカシグサ、稲刈り後の田圃に生えていた。今は直立していますが伸びるに従って横に這い節から根を伸ばして増えていきます。赤い茎に緑の葉が鮮やかです。

キカシグサ

二次的自然度の高い水田や休耕田に多いそうで実際生えている田圃には多いのですが生えてない田圃ではあまり見かけません。水田雑草の指標的存在でここでも他の水田雑草も多く見られました。

キカシグサ

艶のあるやや厚めの葉、海岸近くで生えていてもおかしくないような姿

キカシグサ

葉腋毎に小さな花を咲かせる、2mm程度でしょうか。赤く尖ったのが萼片で白く見えているのが花弁

キカシグサ

雌しべは1本、雄しべは4本、中央にやや薄く丸く見えているのが柱頭でしょうか。

キカシグサ

ミソハギ科キカシグサ属

(9月16日撮影)
プロフィール

平家蟹

  • Author:平家蟹
  • 花盗人の花日記
    へようこそ!!

    ホームページ秋吉台の花々を開設しました。
    個々の植物の記事を花・果実・芽生え等1元的にまとめています(秋吉台以外の花もあり)
FC2ブログランキング

ブログ内検索
Comments...A
<>+-
カレンダー
Pulldown 降順 昇順 年別

08月 | 2013年09月 | 10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プルダウンリスト
QRコード
QR